• ホーム
  • 芸能
  • 勝村政信主演スピンオフ『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』地上波初放送

勝村政信主演スピンオフ『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』地上波初放送

 高視聴率を連発しているテレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(毎週木曜 後9:00)が、22日に最終回を迎える。その“直前SP”として、auの動画配信サービス「ビデオパス」で9月末から配信中のシリーズ初スピンオフドラマ『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』が16日(後11:15〜深0:15)、同局系(一部地域を除く)で地上波初放送されることが決まった。

【写真】その他の写真を見る


 『ドクターY』の主演は勝村政信。群れを好み、金を愛し、腹腔(ふくくう)鏡のスキルと要領の良さだけが武器―そんな「ドクターY」こと外科医・加地秀樹(勝村)が、転勤先の茨城県大洗にある「帝都医科大学付属病院 大洗第8分院」で、重篤な病気を抱える老人と、虫垂炎を患った代議士の娘、2人の患者を前に医師として“選択”を迫られる姿を描く。「腹腔鏡の魔術師」と崇められるほど腕がいいが、金には汚い人気キャラクター・加地ならではのこずるさだけでなく、カッコよさも浮き彫りになる。

 加地に反発する新米外科医・岬健太役に三浦貴大、金持ちのお嬢様患者・三船遥香役に宮脇咲良HKT48AKB48)が出演。大門未知子(米倉涼子)や神原晶(岸部一徳)、原守(鈴木浩介)ら『ドクターX』メンバーも特別出演する。

 「ビデオパス」では全6話が配信されているが、今回の地上波放送ではそれらをまとめたダイジェスト版を放送する。



関連写真

  • スピンオフ作品『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』12月16日、地上波初放送(左から)三浦貴大、勝村政信、宮脇咲良(C)テレビ朝日
  • 主人公の「腹腔鏡の魔術師」加地秀樹(勝村政信)(C)テレビ朝日
  • 虫垂炎を患った代議士の娘・三船遥香(宮脇咲良)(C)テレビ朝日
  • スピンオフ作品『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』12月16日、地上波初放送。新米外科医・岬健太(三浦貴大)(C)テレビ朝日

オリコントピックス