• ホーム
  • 音楽
  • 米津玄師、『3月のライオン』EDに新曲提供 原作舞台が近所「驚いた」

米津玄師、『3月のライオン』EDに新曲提供 原作舞台が近所「驚いた」

 シンガー・ソングライター米津玄師の新曲「orion」が、NHK総合で放送中のアニメ『3月のライオン』(毎週土曜 後11:00)の新エンディングテーマに決まり、来年1月7日から放送されることが明らかになった。東京・Zepp Tokyoで8日に行われたツアーファイナルで発表し、満員の観客から歓声があがった。

 米津は、羽海野チカ氏の原作漫画『3月のライオン』を初めて読んだのが数年前だったといい、「その時の第一印象は『この景色なんか見たことあるな』でした。僕は当時、舞台のひとつである月島に住んでいました。家の近所が漫画になっててとても驚いたのを覚えています」と説明。

 続けて「(主人公の)零くんと自分の共通する部分はどこだろうか、川本家の暖かさ、眩しさを表現するにはどうしたらいいだろうか。ぐるぐる考えながら音楽を作りました。些細(ささい)ではあるけれど、このお話の一部分を担えることをとてもうれしく思っています」と喜んだ。

 シングル「orion」は、オリオン盤(初回限定/CD+クリアシート+ハードカバー仕様)、ライオン盤(初回限定/CD+DVD+紙ジャケット仕様)、通常盤の3形態。来年2月15日に発売される。

 なお、新オープニングテーマはYUKIの新曲「さよならバイスタンダー」(来年2月1日発売)に決定している。



オリコントピックス