• ホーム
  • 芸能
  • KAT-TUN上田がお茶目に、シシド・カフカがドSに…『日暮旅人』新キャスト決定

KAT-TUN上田がお茶目に、シシド・カフカがドSに…『日暮旅人』新キャスト決定

 人気グループ・KAT-TUN上田竜也とドラマーで女優のシシド・カフカが来年1月22日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(毎週日曜 後10:30)に出演することがわかった。上田は松坂桃李演じる“視覚探偵”日暮旅人の事務所で助手となる田亀吉、シシドは型破りなドS刑事・増子すみれ役に起用された。

【写真】その他の写真を見る


 山口幸三郎氏の『探偵・日暮旅人』シリーズ(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)が原作。五感のうち4つの感覚(聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を失った男、日暮旅人(松坂)が、唯一残った研ぎ澄まされた視覚を駆使し、物を、人を、そして愛を探すヒューマン・ミステリー昨年11月に単発ドラマとして放送され、今回はその続編となっている。映画監督としても活躍する堤幸彦氏が演出を担当する。

 上田演じる亀吉は錦糸町をブラブラしているチンピラ風の青年で博多から大物になるべく上京してきたところを旅人らと出会い、探偵事務所へ。情に厚く母親思いという、軽薄な言動とは裏腹な一面を持つ、お茶目なトラブルメーカー。シシド演じるすみれは墨東署刑事組織犯罪対策課に所属するキャリアの刑事で目的達成のためなら手段を選ばないやり手。相棒にして下僕の土井潤一(和田聰宏)ら周囲の人をいつも振り回している…という役どころだ。

 上田は自身が演じる亀吉を「いつも全力で真っ直ぐなんだけど、どこか少しズレていてそれが故に周りをかき回す。だけど、どこか憎めない瞬発力のあるキャラクター」と分析。「堤監督に演出していただくことで、異色の空気感を放つ亀吉がどう料理されていくかが楽しみです。自分には無いものをたくさん持っているキャラクターだと思うので、3ヶ月間、亀吉としてしっかり楽しみたいと思います」と意気込んでいる。

 一方、シシドは「メイクからもう既に型破りな姿を、楽しんで頂けたらうれしいです。堤監督の作品は、好きで良く見させて頂いていたので、その世界に入り込める事を、とてもうれしく感じています」と喜びのコメントを寄せ、「“増子すみれ”という女刑事を、面白く料理して、作品の良いスパイスになれるよう頑張ります」と気合十分に語っている。

 荻野哲弘プロデューサーは上田の起用理由を「KAT-TUNのLIVEで拝見していた上田さんのクールな色気とは正反対の、“めちゃめちゃお茶目”なキャラクターを演じていただきたいと思っていました」と明かし「堤監督とのコラボで、『こんな上田竜也見たことない!』という次元に突入していただきたいと願っています!」と新境地に期待。シシドもライブで魅せる「漆黒のロングヘアを振り乱し裸足でドラムを演奏する勇姿。あぁ、シシドさんに“超ドSな刑事”を演じていただきたい、と思った瞬間でした。シシドさん史上最高に“ドS”なキャラ、どうぞご堪能下さい!」と自信をのそかせている。



関連写真

  • 来年1月22日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(毎週日曜 後10:30)に出演するシシド・カフカ (C)日本テレビ
  • 2017年1月期、日本テレビ系日曜ドラマ枠で『視覚探偵 日暮旅人』連続ドラマ化。主演・松坂桃李ほか キャスト発表(C)日本テレビ

オリコントピックス