• ホーム
  • 芸能
  • 加藤諒“パタリロ”役でもみあげカット「事務所の人に内緒」

加藤諒“パタリロ”役でもみあげカット「事務所の人に内緒」

 俳優の加藤諒が8日、東京・紀伊國屋ホールで上演される舞台『パタリロ!』ゲネプロ前の囲み取材に登壇した。ビジュアル解禁時から原作漫画に「そっくり」と話題集めていたパタリロ役の加藤は「プレッシャーもあったけど、なんとかパタリロになれたのでは」と自信を込め、「衣装もですが、髪型が金髪にオレンジのシャドーがかかっていて漫画に忠実でかわいい! しかもオシャレ! 気に入ってます」とご満悦で語った。

【写真】その他の写真を見る


 これに対して、バンコラン役の青木玄徳は「そのためにもみあげの方も…」と言いかけると「ちょっとまって、事務所の人に内緒でやっているから」と大慌て。加藤に遮られた青木はハサミで切るジェスチャーでしたり顔を浮かべると加藤は「やばい、今のでバレちゃった」と苦笑していた。

 同作は1978年に漫画誌『花とゆめ』(白泉社)で連載が始まり、82年にはアニメ化もされた魔夜峰央氏のギャグ漫画で、現在はWebマガジン『花LaLa online』にて連載中。パタリロこと「マリネラ王国」国王のパタリロ・ド・マリネール8世が周囲を巻き込んで起こす騒動を描く。

 舞台初主演となる加藤は“座長”の大役に「自覚が全然なく、まわりの皆さんに甘えていた」と話すと、青木は「(加藤が)この作品の中心に立っていることが奇跡的にフィットしている。けいこ場の雰囲気も諒くんがいると現場もあったかくて楽しい雰囲気になる。大変なシーンも多いけど背中で引っ張っていてくれてる」と信頼。マライヒ役の佐奈宏紀も「パタリロは加藤諒くんしかいないくらい役にハマってるし勉強にもなる。自分では『全然』と言ってるけどついていきたくなる素晴らしい座長です」と讃えていた。



関連写真

  • “パタリロ”役でもみあげカットした加藤諒 (C)ORICON NewS inc.
  • 「クックロビン音頭」のポーズをした(左から)佐奈宏紀、加藤諒、青木玄徳 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『パタリロ!』ゲネプロ前の囲み取材に登壇した(左から)佐奈宏紀、加藤諒、青木玄徳 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『パタリロ!』ゲネプロより
  • 舞台『パタリロ!』ゲネプロより
  • 舞台『パタリロ!』ゲネプロより
  • 舞台『パタリロ!』ゲネプロより
  • 舞台『パタリロ!』ゲネプロより
  • 舞台『パタリロ!』ゲネプロより
  • 舞台『パタリロ!』ゲネプロより
  • 舞台『パタリロ!』ゲネプロより
  • 舞台『パタリロ!』ビジュアル

オリコントピックス