• ホーム
  • デジタル
  • DeNA、管理体制の不備陳謝「サービスの成長を追い求める過程で…」

DeNA、管理体制の不備陳謝「サービスの成長を追い求める過程で…」

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営するヘルスケア情報キュレーションサイト「WELQ(ウェルク)」の無断引用や事実誤認の指摘に端を発した問題で、同社は7日、都内で記者会見を行った。一連の経緯、記事作成のプロセスや非公開化、第三者調査委員会設置などについて説明し、騒動について謝罪した。

【写真】その他の写真を見る


 会見には、同社の代表取締役社長兼CEO・守安功氏、取締役会長・南場智子氏、執行役員 経営企画本部長・小林賢治氏が出席。会見冒頭、守安社長が「すべての関係者に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。また皆さんに対して直接、私から説明することが遅くなってしまいましたことを重ねてお詫び申し上げます」と陳謝し、出席者全員が頭を下げた。

 南場会長も「ご批判が企業風土や組織のあり方に及んでいるという事態になりまして、取締役会長として、そして創業者として、責任のある立場にあります」と神妙な面持ちで話すと「そこでみなさんに直接お詫びを申し上げたく参りました。本当に申し訳ございませんでした」と陳謝した。

 「WELQ」では、これまで専門家の監修なしに医療や薬品に関する情報を多数掲載。医学的根拠の乏しい記事が多いとして、医療関係者らから指摘が相次いでいた。 守安氏は「大きな問題と反省している」と過ちを認め、7日までにキュレーションメディアプラットフォーム事業(DeNAパレット)で展開する「WELQ」、「MERY(メリー)」を含む全10媒体を非公開化し、同社ホームページ上に相談窓口を開設した。

 守安社長は「サービスの成長を追い求める過程で、ユーザーのみなさまに正しい信頼できる情報をお届けすることを担保できない体制となっていた。他の方が作成された記事などを不適切に利用することを助長しかねない運営体制となっていたこと、このような運営体制にならない管理体制を構築できなかったことについて深く反省しております」と述べた。

 今後は、第三者調査委員会の調査に「全面的に協力する」とし「今回の問題の全容を報告するとともに社内でもしっかりと問題のある部分とその原因を洗い出し、徹底的な改善策を実行してまいります。1日でも早く皆さま信頼を回復できるよう私自身が全社員の先頭に立ち、全力で責任を果たしてまいります」と話した。



関連写真

  • 都内で記者会見を行ったディー・エヌ・エーの(左から)小林賢治氏、守安功氏、南場智子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 管理体制の不備陳謝 (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で記者会見を行ったディー・エヌ・エーの(左から)小林賢治氏、守安功氏、南場智子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で記者会見を行ったディー・エヌ・エーの(左から)小林賢治氏、守安功氏、南場智子氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス