• ホーム
  • 芸能
  • 【べっぴんさん】次世代キャスト発表 朝ドラ初出演・林遣都ら8人

【べっぴんさん】次世代キャスト発表 朝ドラ初出演・林遣都ら8人

 NHKは7日、朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』に年明けから出演する新世代キャスト8人を発表。主人公・坂東すみれ(芳根京子)の娘・さくら役(15歳)に井頭愛海(15)、すみれとともに子供服の店「キアリス」を経営する村田君枝(土村芳)の息子・健太郎役(15歳)に古川雄輝(28)、小澤良子(百田夏菜子)の息子・龍一役(16歳)に森永悠希(20)、ジャズ喫茶「ヨーソロー」で働きながらプロのドラマーを目指し、さくらたちと出会う19歳の青年・河合二郎役に林遣都(26)が決定。そのほか久保田紗友江波杏子永瀬匡、森優作の出演も発表された。

【写真】その他の写真を見る


 年明けからは、ジャズ喫茶「ヨーソロー」を舞台に新たな出会いが生まれる。久保田演じる山本五月は16歳とさくらたちより一つ年上だが、大人びた雰囲気を持つ少女。高校には行かず、「ヨーソロー」でバイトをし“お姉さん役”として、大人へと成長していくさくらの面倒を見る。

 江波演じる大村すずは「ヨーソロー」の女主人。戦争で夫と息子を亡くしてから、一人で店を経営しながら自活してきた芯の強い女性だ。喫茶店では、仕事で忙しい両親と共に過ごす時間があまり持てず、寂しい気持ちを抱くさくらが河合に心引かれ、健太郎は幼なじみのさくらに恋心を抱くなど、登場人物のさまざまな思いが交錯する。

 また、永瀬演じる西城一朗は「キアリス」の新入社員。聡明な性格である一方、酒癖が悪く周囲を困らせることも。森は、同じく「キアリス」の新入社員・中西直政を演じる。

 井頭、古川、林、久保田、永瀬、森は連続テレビ小説初出演。井頭と古川は1月11日、森永、林、久保田、江波は同12日、永瀬と森は同13日からそれぞれ登場予定となっている。



関連写真

  • NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演する(前列左から)井頭愛海、芳根京子、江波杏子、(後列左から)森永悠希、古川雄輝、林遣都、久保田紗友 (C)NHK
  • NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演する(前列左から)井頭愛海、芳根京子、江波杏子、(後列左から)森永悠希、古川雄輝、林遣都、久保田紗友 (C)NHK

オリコントピックス