• ホーム
  • 芸能
  • 再生の道重さゆみ、ファンの支えに感謝 復帰への葛藤も告白「忘れられてたら」

再生の道重さゆみ、ファンの支えに感謝 復帰への葛藤も告白「忘れられてたら」

 来年春ごろから芸能活動を再開させることを発表した元・モーニング娘。道重さゆみ(27)が6日、自身のブログを更新し「たくさんのいいね!、コメント、本当にありがとうございます」と感謝の言葉をつづった。

 約2年間、芸能活動を無期限休養していた道重は「13歳から25歳までの約12年間、モーニング娘。に在籍し、それまでモーニング娘。が大好きという気持ちだけでやってきて、とにかくモーニング娘。が全てだったので、これから1人で何をしていくのか、したいのか、できるのか、、、休業中に自分自身と向き合いじっくりゆっくり考えていました」と“空白”の期間について告白。

 その間に「たくさん考えた」といい「またみなさんの前で歌って踊りたい!!歌は苦手だけどやっぱり好き!そう思いました」と結論に至ったとし、復帰を決断。しかし一方で「正直な気持ちを話すと流れの早い芸能界、、忘れられてたら。。とか、ネガティブな気持ちからなかなか抜け出せませんでした」と葛藤があったことも明かした。

 「そんな中、休業中にも関わらず、ブログに増え続けていくコメントを見たり、去年と今年の私のお誕生日に私の名前がツイッターのトレンド入りしてるのを見たり そのほかにもたくさん! 休業している2年間もみなさんからの愛をたくさん感じていました」と支え続けてくれたファンに感謝した道重。

 「勝手に休んでいつ復帰するかもわからないこんな私のことをずっと待ってると言ってくれたファンの方、ずっと大好きだと言ってくれたファンの方、何度も何度もみなさんの顔が頭に浮かんできました」と続け「休業中支えてくれたのも、道重再生を背中押してくれたのもファンのみなさんです!本当にありがとうございます」と重ねて感謝の言葉を記した。

 先日の“再生”の発表から「想像以上に反響が大きくて、喜んでくれる方の声を聞いて、とってもとっても嬉しかったです」と素直な思いも明かし「早くみなさんに会いたいですっ◇◇◇◇」(◇=ハートの絵文字)と気持ちをぶつけると「これからもよろしくお願いします」と呼びかけた。

 道重は2002年12月に1万4000人が応募したモーニング娘。のオーディションに見事合格し、13歳でデビュー。03年には、田中れいなとともに“平成生まれ史上初”となる『NHK紅白歌合戦』出場を果たす。その後もモーニング娘。の一員として活躍を続け、2012年には8代目リーダーに就任。14年11月26日にモー娘。を卒業し、その後、芸能活動を無期限休養。先月26日にブログを通じて芸能活動を再開させることを発表した。



オリコントピックス