• ホーム
  • 芸能
  • 小雪、フジ連ドラ初主演でシングルマザー役に挑戦

小雪、フジ連ドラ初主演でシングルマザー役に挑戦

 女優の小雪が、来年1月8日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『大貧乏』(毎週日曜 後9:00)で同局連ドラに初主演することがわかった。権力者の欲により“大貧乏”に追い込まれたシングルマザー・七草ゆず子(小雪)が、理不尽な社会に立ち向かう“お金”と“愛”をテーマにした完全オリジナルのヒューマン・コメディー。彼女の相棒となるエリート弁護士・柿原新一には俳優・伊藤淳史が起用された。

 主人公・ゆず子は、夫に裏切られ女手一つで暴れん坊な息子とおてんば盛りの娘を抱え、慌ただしい日々を送っていた。ある日、勤めていた会社が突然倒産し、給与も貯金も全てを失い途方に暮れていた彼女の前に、年商107億円を稼ぐ敏腕弁護士の柿原から連絡がくる。実は柿原はゆず子の高校の同級生で、当時からゆず子に憧れていたのだ。「会社の倒産には裏がある」と助言する柿原に当初は戸惑うゆず子だったが、愛しい子供たちとの生活を守るため、巨悪を暴いていくことに…。

 小雪は実際にシングルマザーの知り合いにインタビューするなど、役作りのため入念にリサーチしているという。「シングルマザーが抱える問題を社会派ドラマとして描いていくのではなく、そういう設定をベースとしながら、ひとりの女性の生き方や在り方を前向きに描く作品なので、ひとりの女性の人生に必ずある本音やリアリティーをちゃんと盛り込みつつ、ファミリードラマやコメディーとしてどう表現していけるか、という部分を探っています」と試行錯誤している様子。

 プライベートでも母親であるが「私も母として子どもたちと接する中で、子供が変化してく姿や、大人が想像する以上のことを言ったり、思いもかけない崇高なことをしたりするのを目の当たりにして、日々新たな発見のもと勉強させられています」と実感を込め、「そんな子供たちのきらめきみたいなものもこの作品の中で描けたら」と展望している。

 また、見た目も中身もチグハグな2人が凸凹コンビとして悪をくじく爽快感が期待されるが、伊藤とのタッグには「全くかみ合っていないコンビになると思いますが、そのかみ合っていないところが面白くなると思います」と自信をみせ、伊藤も「物語の中にもドキドキするシーンがあるのですが、“小雪さんと一緒にお芝居できる”というドキドキする思いが、リアルにいい感じに僕の中にあるので、うまくミックスして出していけたら」と共演を心待ちにしている。



オリコントピックス