• ホーム
  • 芸能
  • 綾小路翔&北方謙三、吉川晃司の武勇伝トークで興奮「前田日明と殴り合い」

綾小路翔&北方謙三、吉川晃司の武勇伝トークで興奮「前田日明と殴り合い」

 ロックバンド・氣志團綾小路翔が6日、都内で行われた集英社文庫『岳飛伝』刊行開始記念トークライブ「荒くれ者たちへの憧れ−ロックンロール梁山泊−」に登場。同書の作者・北方謙三氏と、小説や音楽をテーマに熱のこもったトークを繰り広げた。

【写真】その他の写真を見る


 同書は、累計発行部数950万部を突破した北方氏の「大水滸伝」シリーズの最新作。腐敗混濁の世を糺(ただ)す「替天行道(たいてんぎょうどう)」の志のもと、国に戦いを挑む漢たちの物語を描く。

 「大水滸伝」シリーズの大ファンだという綾小路は、初対面の北方氏を前に「いつか、お会いしたいと思っていたんですけど、やっぱり緊張しますね」と恐縮。一方、テンガロンハットを被って登場した北方氏は「頭で負けたくなかったからね」と茶目っ気たっぷりに話しながら「けっこう聴いていますよ。『俺んとこ こないか?』『かかってこいや 喧嘩上等!』だよね。あなた方の音楽は、ツッパッたりしながらも本当はやさしい。聴いた時に清々しい気持ちになりますね」と絶賛した。

 その後は、共通の知人・吉川晃司にまつわるトークで大盛り上がり。北方氏が「『水滸伝』はロックンロール。弟分に吉川晃司っていうのがいるんだけど、アイツが『解説を書きたいです』って言うんだよ。その解説が全然文章になってなかったんだけど、何か伝わってくる。それが、表現なんだよ」とニヤリと笑うと、綾小路も「お酒の席で、格闘家の前田日明さん、高田延彦さんと(タイマンで)殴り合いをして、2回ともやられていますから」と吉川の武勇伝エピソードを披露した。

 北方氏が続けて「吉川が、押さえつけても『すみません』って言わないから、もっとギュッとされて…」と事のてん末を説明した上で「でもね、そんな前田日明が泣かされた現場を見たことがあるんだよ」と新たな逸話を披露。「泣かしたのは山田詠美っていう女流作家で、言い合いをしていると、彼女が立ち上がって『アンタ、男よね? それが女に手を出したわねー』って言って、30発くらい叩いて。前田はジッとしていたんだけど、しばらくすると『ウッ…コノヤロー』って泣いちゃったんだよ。この話はするなって言われたんだけどね」といたずらっぽく笑った。

 最後は再び吉川の話に戻り、綾小路が「吉川さんは『前田は強いけど、高田はそうでもないな』って言っていましたよ。水球をやってらっしゃったので『水の中だったら、ヒクソン・グレイシーにも勝てる』とも言っていました」と後日談を紹介。北方氏も「アイツ、そんなこと言っていたの?」と驚きながら「アイツは首から下は強いけど、締められたら一発で終わりじゃない?」と愛のあるイジりを見せていた。



関連写真

  • 熱いトークを展開した(左から)綾小路翔、北方謙三 (C)ORICON NewS inc.
  • 集英社文庫『岳飛伝』の作者・北方謙三氏 (C)ORICON NewS inc.
  • トークライブ「荒くれ者たちへの憧れ−ロックンロール梁山泊−」の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス