• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】ローリング・ストーンズ、22年半ぶりTOP3

【オリコン】ローリング・ストーンズ、22年半ぶりTOP3

 英ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズの約11年ぶりとなるアルバム『ブルー&ロンサム』(12月2日発売)が初週2.2万枚を売り上げ、12/12付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:11/28〜12/4)で3位に初登場した。

 アルバムTOP3入りは、『ヴードゥー・ラウンジ』(1994年7月発売)が1994年7/25付で2位を獲得して以来、22年5ヶ月ぶり。今作で1970年・80年・90年・2000年・10年代と5つの年代でTOP10入りを達成した。この記録は、洋楽アーティストではエリック・クラプトンザ・ビートルズエアロスミスポール・マッカートニーに続き、5組目となる。

 平均年齢72歳、キャリア50年以上を誇る大御所バンドの最新作は、わずか3日間でレコーディングされたブルースのカバーアルバム。世界3大ギタリストとも称されるエリック・クラプトンが2曲にゲスト参加していることでも話題を呼んでいる。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • ミック・ジャガーとキース・リチャーズ
  • ザ・ローリング・ストーンズ約11年ぶりのアルバム『ブルー&ロンサム』が初登場3位

オリコントピックス