• ホーム
  • 音楽
  • 天海祐希 初の「レコ大」総合司会 安住アナと8年ぶり共演

天海祐希 初の「レコ大」総合司会 安住アナと8年ぶり共演

 女優の天海祐希が、30日に東京・新国立劇場から生放送される年末恒例の音楽番組『輝く!日本レコード大賞』(後5:30)の総合司会に初挑戦することが5日、わかった。5年連続5度目の総合司会を務める安住紳一郎アナウンサーとは、2008年の『ぴったんこカン・カン』ロケ企画以来8年ぶりに共演し、タッグを組む。

 宝塚歌劇団の月組トップスターとして数多くの舞台に出演した天海は、退団後も女優として『Around40 〜注文の多いオンナたち〜』『離婚弁護士』『BOSS』など数々のドラマや映画に出演。バラエティー番組でも活躍するが、今回初めて音楽番組の総合司会に挑む。

 一方、安住アナは『あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル』『音楽の日』といった長時間の音楽番組も多く担当しており、『レコード大賞』では2001年から11年間進行アナウンサーを、2012年からは総合司会を務めている。

 天海は「歴史あるすばらしい場にお声をかけていただき、大変光栄に思っております。安住さんの足を引っ張る事なく、無事にこの大役を終われるよう頑張りたいと思います」と意気込み。

 サポートする安住アナは「『第58回輝く!日本レコード大賞』。タイトルを読み上げるたび、50年以上の年月に思いをはせます」と歴史の重みをかみしめながら「また今年も新しい1ページが加わります。夜5時30分からの4時間を超える番組ですが、ご覧いただければ幸いです」と呼びかけている。



関連写真

  • 『第58回 輝く!日本レコード大賞』総合司会に初挑戦する天海祐希
  • 『第58回 輝く!日本レコード大賞』総合司会の安住紳一郎アナウンサー

オリコントピックス