• ホーム
  • 芸能
  • レースクイーン女王・三城千咲、究極ボディを余すところなく披露

レースクイーン女王・三城千咲、究極ボディを余すところなく披露

 レースクイーンの三城千咲(27)が、5日発売の『週刊プレイボーイ』51号(集英社)に登場。身長166・バスト85・ウエスト・58・ヒップ87センチの“神ってる”ボディラインを大胆に見せつけた。

【写真】その他の写真を見る


 三城は、年間を通してもっとも注目を集めたレースクイーンを表彰する「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー15-16」を受賞。今回のグラビアでは、黒いビキニやランジェリー風の衣装をまとい、女王と呼ぶにふさわしい究極ボディを余すところなく披露している。

 なお、同誌公式サイト『週プレnetEXTRA』では、雑誌未公開を含む60カット以上を閲覧できるデジタル写真集「女神のボディライン」も発売された。

 同号にはそのほか、女優の新垣結衣石橋杏奈、グラビアアイドルの鈴木ふみ奈、モデルの松本愛らが登場。表紙は写真集『色っぽょ』が話題を呼んでいるモデル・女優の馬場ふみかで、写真集のメイキングDVDも付属している。



関連写真

  • “神ってる”ボディラインを大胆に見せつけた三城千咲(C)栗山秀作/週刊プレイボーイ
  • “神ってる”ボディラインを大胆に見せつけた三城千咲(C)栗山秀作/週刊プレイボーイ
  • 『週刊プレイボーイ』51号表紙画像 (C)集英社

オリコントピックス