• ホーム
  • 音楽
  • 中森明菜 7年ぶりステージに涙「心から感謝」 80分熱唱で完全復活

中森明菜 7年ぶりステージに涙「心から感謝」 80分熱唱で完全復活

 歌手の中森明菜が4日、東京・ヒルトン東京お台場でディナーショー『Akina Nakamori Dinner Show 2016』の初日公演を行い、2009年以来7年ぶりにステージ復帰を果たした。ヒット曲「飾りじゃないのよ涙は」「ミ・アモーレ」など80分にわたって生歌唱し、休養前と変わらぬ声量、表現力で約900人のファンを魅了した。

 開演10分前になると、この日を待ち焦がれたファンによる「明菜コール」が会場に響き渡った。LED映像を駆使したステージの中央からモノクロームのドレスを身にまとった明菜が登場すると、ファンは大興奮。オープニングは復帰第一弾作品「Rojo -Tierra-」(昨年1月発売)、続けてポルノグラフィティの新藤晴一が作詞した「ひらり-SAKURA-」で幕を開け、その歌声に胸を打たれ、涙するファンの姿も見られた。

 大声援に感極まった明菜も目をうるませ、鼻をすすりながら「始まる前から大きな声を出して、みんな声がかれてませんか?」とファンを気遣いつつ「長い間、待たせてしまって申し訳ありませんでした。しかも、根気よくあきらめずに待っていていただいて、心から感謝しています」と思いを伝えた。

 初日公演はファンクラブ会員を対象にしていたことから「これまでファンクラブに入っていただいてありがとう。いろいろ不満もあったかと思いますが、きっと、きょうは入っていてよかったなと思っていただけたかと…」と茶目っ気たっぷり。ステージの後半では、ヒット曲の数々を30分以上にわたってメドレーで一気に歌いきり、完全復活を印象づけた。

 明菜は10年秋にストレスによる免疫力低下で体調を崩して活動を休止。14年大みそかの『NHK紅白歌合戦』に米ニューヨークからの中継で出演し再始動後は、アルバム制作に重点を置いて体調を整え、本格的なステージ復帰を目指してきた。

 ディナーショーは、12月29日のハイアットリージェンシー大阪公演まで全国7都市で10公演開催。チケットは追加販売した機材席も含めて全公演即完売し、プレミアムチケット化している。ステージ復帰にあわせ、11月30日にはカバーアルバム『Belie』を発売。12月21日には完全限定生産盤『Belie + Vampire』をリリースする。



関連写真

  • 7年ぶりにステージ復帰を果たした中森明菜
  • 完全限定生産盤『Belie + Vampire』(12月21日発売)
  • 中森明菜最新カバーアルバム『Belie』

オリコントピックス