• ホーム
  • 芸能
  • 27歳・千葉雄大が17歳役「若作りしています」 実写『ReLIFE』出演

27歳・千葉雄大が17歳役「若作りしています」 実写『ReLIFE』出演

 俳優の千葉雄大(27)が、スマートフォン向けコミック&ノベルサービス『comico(コミコ)』の人気作品を実写映画化した『ReLIFE リライフ』(2017年4月15日公開)に出演することがわかった。“変人ドS”で二面性のある夜明了(よあけ・りょう)を演じる。

 原作の単行本は1〜6巻で累計140万部を突破し、これまでもアニメ、舞台化がされてきた人気作品。映画では中川大志平祐奈がW主演し、『今日、恋をはじめます』『クローバー』の古澤健氏が監督を務める。

 大学院卒業後、ニートになっていた海崎新太(中川)。ある日、「リライフ研究所」の所員と名乗る夜明から、薬で見た目だけ若返り、1年間高校生活を送る実験の被験者になることを提案され、2度目の高校生活をスタートさせる。成績はトップだが極度のコミュニケーション音痴の女子高生・日代千鶴(平)らと出会い、かけがえのない仲間になっていくが…。

 千葉演じる夜明は、自身も27歳から17歳の高校生の姿に若返り、海崎と同じ高校に通いながらサポートをする役どころ。いつも笑顔で丁寧な物腰だが、時折大人ならではの凄みのある発言も多く、劇中で27歳のスーツ姿と17歳の制服姿を披露する。

 「まぁ僕も“ドS”なところがあるので違和感なくやらせていただいてます。嘘です」とコメントした千葉は、「17歳に近づけるように若作りしています」と意気込み。「夜明さんはみんなをこっそりとみているシーンが多いので、後ろからしっかりみんなを見守りつつ、一緒に最後まで楽しめたら本望です」と話している。



関連写真

  • 映画『ReLIFE リライフ』に出演する千葉雄大 (C)2017「ReLIFE」製作委員会 (C)夜宵草/comico
  • 27歳を演じる姿 (C)2017「ReLIFE」製作委員会

オリコントピックス