• ホーム
  • 芸能
  • M-1王者・銀シャリも参戦 『THE MANZAI』にベテランから若手まで集結

M-1王者・銀シャリも参戦 『THE MANZAI』にベテランから若手まで集結

 昨年、コンテスト形式をやめ、人気・実力を兼ね備えた漫才師たちがとっておきのネタを披露する“年に一度の漫才の祭典”として生まれ変わったフジテレビ系『THE MANZAI』。今年もネタ見せ番組として継続し、18日に『Cygames THE MANZAI 2016 プレミアマスターズ』(後7:00〜9:54)と題して放送される。昨年に引き続き、番組MCはお笑いコンビ・ナインティナインと“最高顧問”のビートたけしが務める。

 出演するのは、海原やすよ ともこ、ウーマンラッシュアワー、おぎやはぎ、キャイ〜ン、サンドウィッチマン、スピードワゴン、タカアンドトシ、千鳥、チュートリアル、トレンディエンジェル、ナイツ、中川家、NON STYLE、博多華丸・大吉、爆笑問題、ハマカーン、パンクブーブー、フットボールアワー、ますだおかだ、矢野・兵動、笑い飯ら。さらに先日『M-1グランプリ2016』の王者となった銀シャリも参戦することが決定した。

 また、10日に放送される事前番組『Cygames THE MANZAI 2016 プレマスターズ』(後1:30〜3:00)で、若手お笑いコンビ15組が漫才を披露。その中から「THE MANZAI実行委員会」が選んだ“若手勝ち抜き枠”の2組も出演することとなる。

 このほど、収録を終えたMCのビートたけし、ナインティナインが記者陣の取材に応じた。たけしは、「相変わらずみんな、いい腕しているなという感じ。ハズレ一つもなかった」といい、「お客さんにウケる要素はそれぞれで、いいボケだったりなど、それぞれのコンビの持ち味がよく出ていたという印象」と大絶賛。岡村隆史も「ずっとおもしろかった。タダで観られたのでよかった。ただただ楽しかった」と満足そうにほほ笑んだ。

 後輩たちのネタをみて、自身も賞レースに出たくなったのでは? と聞かされると、岡村は「NON STYLEの石田にネタ書いてって頼んだんですよ。お金を握らせて書いてもらおうかな」と真剣な表情で語り、矢部浩之も「もし予選落ちてもMCはやりますよ。プライドはないので!」と開き直った表情で笑わせた。



関連写真

  • 『THE MANZAI 2016』のMCを務める(左から)“最高顧問”のビートたけしとナインティナイン (C)フジテレビ
  • 『THE MANZAI 2015 プレミアマスターズ』にM-1王者の銀シャリが参戦決定(C)フジテレビ

オリコントピックス