• ホーム
  • 芸能
  • 篠原涼子が“虐待母”役に込めた想い 自身は「親バカ」

篠原涼子が“虐待母”役に込めた想い 自身は「親バカ」

 男勝りな女性刑事や、恋に不器用なオトナ女子などシリアスからコメディーまで作品によって様々な表情を魅せる女優・篠原涼子(43)。下着のCMでは40代とは思えない見事なスタイルも話題となっているが、プライベートでは2人の子の育児に奮闘するママでもある。そんな彼女が今回、我が子に凄惨な虐待を加える母親役に挑んだ。自身は「親バカ」であると公言する篠原は“虐待母”というこの難役をどう演じたのか、話を聞いた。

 来年1月11日放送の読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ『愛を乞うひと』(後9:00)では、愛し方がわからず虐待する母・陳豊子と、愛に飢え成長したその娘・山岡照恵の一人二役に初挑戦した。「先にやりたい放題、怒鳴ったりの豊子を演じたので、感情をむき出しにしない照恵という役は難しかった。表情でみせなくちゃいけないというのが、もどかしかった」と苦労もあったそう。

 それでも豊子というキャラクターには「演じがいがある人物だと思いました。豊子は愛を受けていないから愛し方がわからない。だから虐待をすることで娘の愛を試しているのではないかな。虐待をしてそれでも自分についてくるのか、自分を好きだからついてくるんだって。思いきりすればするほど娘からの愛を確かめられるんじゃないのかって」と“母親”の目線からみつめ直す。

 原田美枝子主演の映画版を見た時から豊子役が念願であったという篠原は「同じ女優として自分も挑戦したい気持ちと、本当にこんな虐待を受けている子がいるのか、こういう人がいてはいけないと思ったのでなにか救える形があるんじゃないかと思いました」。

 家では、子どもたちから「ママ、怒ってばかり」と言われることがあるそう。「母親になると子どものことが手に負えなくて、いら立ったりすることは誰にでもあると思うんです。この子なら厳しく言っても大丈夫とか、弱い人間にいら立ちをぶつけてしまったり。叱り方の表現が違うだけで感情は一緒なんだと思うんです」。虐待は「決してあってはいけない」としながら根底にある苦悩には理解を示す。

 そんな日々のなかでも発見があったという。「私は次男のことをよく怒るんですが…。できないことが多かったり、言うことをきかなかったり注意してもそっぽを向いてしまったり。そういう時、長男が、次男に『ママは怒っているけど、○○(次男)のことが大好きだから怒っているんだよ』って言ってくれたんです」。

 「長男を叱るときに私は彼に『ママはあなたが大好きだから怒ってるんだ』って言い続けてきて。それが8歳になるとわかってきたのか。弟にそんな言葉をかけられるようになったんだって。目からウロコでした…なんて親バカなんですけどね(笑)。うれしかったです」。女優といえど一人の母親なのだと実感させられる瞬間だった。

 母となり女優として何か変化はあったのか。「母親役は、子どもができてからの方がリアルにできているという実感があります。いないときにもやらせていただいたことはありますが、あの役をもう一回演るのであれば全然違う感覚になるのかな。出産を通して母親というキャラクターは全然違う形になりましたね」。そんな篠原が難役をどう演じきったのか、ぜひ注目してほしい。

■『愛を乞うひと』

下田治美氏の同名小説を原作に「母娘の絆」をテーマにしたヒューマンドラマを描く。幼いころ母から虐待を受け心に傷を抱える女性・昭恵は、夫・山岡裕司(平山浩行)を早くに亡くしたシングルマザー。生き別れの弟・中島武則(ムロツヨシ)が逮捕されたことをきっかけに武則と再会する。深草の後押しもあり、記憶があいまいになっていたなか、亡くなった父を弔い遺骨を探すため台湾に渡ることとなる。



オリコントピックス