• ホーム
  • 芸能
  • “超ひらぱー兄さん”岡田准一、園長就任3年目で初登場「夢の舞台」

“超ひらぱー兄さん”岡田准一、園長就任3年目で初登場「夢の舞台」

 人気グループ・V6岡田准一が22日、自身が園長を務める大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」にサプライズで登場した。岡田は2013年から同園のイメージキャラクター「超(スーパー)ひらパー兄さん」、14年4月からは「園長」も兼任しているが、ファンの前に登場したのは今回が初とあり、来場者の大歓声に迎えられた。

 岡田は「超ひらパー兄さんとして4年、園長として3 年になりますが、ようやくひらパーファンの皆さんにお会いできてとてもうれしいです! 僕も小さい頃は観客席から見ていたのですが、きょう、このように夢の舞台に立つことができて光栄です」と感慨深げにあいさつした。

 続けて、自身が主演を務める映画『海賊とよばれた男』(12月10日公開)をパロディー化した新CMやポスターを初公開。イベントには山崎貴監督も参加したことから冷や汗をかきつつも「最高ですねぇ。監督に怒られないか心配しましたが、ひらパーらしいCMとなりました」と満足げに語った。

 また、岡田のかけ声でひらパー史上最多の150万球のイルミネーションが点灯し、“光の遊園地”が完成。園内全体が幻想的な輝きに包まれた。

 新CM「国岡ライド」篇は、23日から関西地区でオンエアされる。



オリコントピックス