• ホーム
  • 芸能
  • 岡村隆史、非モテの理由はキーホルダー? 恋愛音痴脱却へ「50歳までには同せいしたい!」

岡村隆史、非モテの理由はキーホルダー? 恋愛音痴脱却へ「50歳までには同せいしたい!」

 ナインティナイン岡村隆史(46)が24日、東京・ルミネtheよしもとで行われた『村上ショージ独演会』の第100回目にスペシャルゲストとして出演。先輩芸人の村上ショージ(61)から「最近、何かないの?」と恋愛トークを振られるも、「ホンマに何もないですね。デートらしいデートも高校の時に一回したくらいなので、どうしたらいいかわからないんですよ」と嘆いた。

 岡村の恋愛音痴っぷりは深刻のようで「自然なやつに慣れてないから、(サービスと勘違いして)すぐお金を払おうとする。若い頃はそれなりに頑張っていたんですけど、もう46歳のオッサンになると、デートの長い段取りが面倒くさくなりました」と告白。非モテの理由について話題がおよぶと「こういうキャラクターだから、女性の方が勝手に僕のことをキーホルダーみたいな存在だと思っている。キーホルダーが、いきなりチューしてきたら『気持ち悪い!』ってなるんだと思う」と自己分析した。

 そんな岡村も、体を張ってスポーツからダンスまで様々な分野にチャンレンジする『めちゃイケ』の名物企画「オファーシリーズ」が放送された時には、女性からの評価が急上昇するようだが「EXILEと絡むと一瞬モテるんですけど、みんなすぐに忘れよる…」とポツリ。何ともさみしい現状に、村上から「結婚はしないで、自由気ままがいい」と気遣われるも「今は我慢して、50歳までには同せいしたいと思います」と巻き返しを誓っていた。

 イベント終盤では、村上が芸歴40周年の節目を迎えたことを祝して、ビートたけし(69)の名曲「浅草キッド」をカバーして“CDデビュー”することを発表。同曲をギター弾き語りで情感たっぷりに歌い上げた。



関連写真

  • (左から)ナインティナインの岡村隆史、村上ショージ
  • 村上ショージ独演会の模様

オリコントピックス