• ホーム
  • 芸能
  • 池田エライザ、実写映画『ReLIFE』出演 狩生玲奈役「大好きになりました」

池田エライザ、実写映画『ReLIFE』出演 狩生玲奈役「大好きになりました」

 モデルで女優の池田エライザが、スマートフォン向けコミック&ノベルサービス『comico(コミコ)』の人気作品を実写映画化した『ReLIFE リライフ』(2017年4月15日公開)に出演することが17日、わかった。文武両道でトップクラスの成績を誇り、上昇志向が強い努力家・狩生玲奈を演じる。

 原作の単行本は1〜6巻で累計140万部を突破し、これまでもアニメ、舞台化がされてきた人気作品。映画では中川大志平祐奈がW主演し、『今日、恋をはじめます』『クローバー』の古澤健氏が監督を務める。

 大学院卒業後、ニートになっていた海崎新太(中川)。ある日、「リライフ研究所」の所員と名乗る謎の男・夜明了から、薬で見た目だけ若返り、1年間高校生活を送る実験の被験者になることを提案され、2度目の高校生活をスタートさせる。成績はトップだが極度のコミュニケーション音痴の女子高生・日代千鶴(平)らと出会い、かけがえのない仲間になっていくが…。

 池田演じる狩野は、年度始めの学力テストで千鶴に一歩及ばなかったことから、彼女をライバル視している。努力家であるがゆえに他人と比較して劣等感に苛(さいな)まれやすいが、負けん気の強い性格で、根は優しいキャラクター。

 イケメンの優等生・大神和臣(高杉真宙)のことが好きなのに、なかなか素直に自分の気持ちを言えないでいる奥手の一面もある、いじらしくキュートな役どころだ。

 池田は「とても繊細で、さまざまなことに気がつき一つひとつに反応し、喜び傷つき…。そんな、真面目で敏感な狩生と共に前に進めるよう戦っていきたいと思いました」と意気込み。

 役作りについて「頑張りすぎて、大切なことが見えなくなることってあるじゃないですか。彼女が夢中になれることや、彼女の思春期前の思い出、彼女が本当に求めていることを想像し続けました」と語り、「私は不器用だけどとってもあたたかい狩生が大好きになりました」とコメントを寄せた。



オリコントピックス