• ホーム
  • 芸能
  • 宮野真守、『弱虫ペダル』で葦木場拓斗役 箱学の次期エース候補

宮野真守、『弱虫ペダル』で葦木場拓斗役 箱学の次期エース候補

 声優の宮野真守が、2017年1月から放送を開始するテレビアニメ『弱虫ペダル』の第3期『弱虫ペダル NEW GENERATION(ニュージェネレーション)』に登場する新キャラクター・箱根学園の葦木場拓斗(あしきば・たくと)を演じることが14日、わかった。

 葦木場は、インターハイの王座奪還を目指す箱根学園の自転車競技部に所属する、身長202センチという長身のクライマー。次期エース候補で、第3期のメインキャラクターのひとりとなる。宮野はオーディションに参加し、選考の結果、葦木場役に決まった。きょう午後6時より公式サイトにて宮野のコメントが公開された。

 原作は『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の渡辺航氏による漫画。自転車競技が題材で、ロードレースに懸ける高校生たちを描く。2013年10月にアニメ第1期放送がスタートし、翌年に第2期が制作。第3期では主人公・小野田坂道が所属する総北高校自転車競技部の新世代チームの戦いが展開される。

 1月9日の深夜1時35分よりテレビ東京にて放送スタート。

■公式サイト
http://yowapeda.com/movie/



関連写真

  • アニメ『弱虫ペダル』第3期から登場する葦木場拓斗を演じる宮野真守
  • 箱根学園の葦木場拓斗(あしきばたくと)

オリコントピックス