• ホーム
  • 芸能
  • 『真田丸』から来年の大河『おんな城主 直虎』に粋なエール

『真田丸』から来年の大河『おんな城主 直虎』に粋なエール

 NHKで放送中の大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は13日に第45回「完封」が放送され、残すところあと5回となった。第45回は、主人公・真田幸村(堺雅人)が「日本一の兵(つわもの)」と称えられる活躍をみせる大坂冬の陣がついに開戦。戦(いくさ)が始まる直前、幸村から来年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』へのエールを贈るようなシーンがあり、「さすが三谷さん、来年の大河ドラマまで宣伝するサービス精神を発揮!」などと、ツイッターの投稿も盛り上がっていた。

 それは、真田丸の物見櫓に立つ幸村と高梨内記(中原丈雄)が、徳川勢を見下ろしながら交わした会話。

幸村「壮観だ」
内記「相手に不足はございません。あちらにも赤備えがおりますぞ」
幸村「あれは井伊直孝だ、かの井伊直政の次男坊だ」
内記「井伊でございますか」
幸村「向こうにも、ここに至るまでの物語があるんだろうな」
内記「一度、聞いてみたいものですな」

 来年1月8日スタートの大河ドラマ『おんな城主 直虎』は、女優の柴咲コウを主演に迎え、戦国時代に男の名で家督を継いだ、遠江(とおとうみ/静岡県西部)井伊家の当主、井伊直虎(いいなおとら)の激動の生涯を描く。

 直虎は、事実上の当主として、仲間と協力して国を治め、駿河の今川、甲斐の武田、三河の徳川と3つの大国に領地をねらわれる中、幼い世継ぎの命を守ってたくましく生き延び、その後の発展の礎を築いた。その幼い世継ぎこそが、後に徳川家康の重臣となる井伊直政。時代的には、『真田丸』よりも一世代分くらいさかのぼることになる。



関連写真

  • 11月13日放送、NHK大河ドラマ『真田丸』第45回「完封」より(C)NHK
  • 11月13日放送、NHK大河ドラマ『真田丸』第45回「完封」より。幸村の息子・大助(浦上晟周)が徳川軍を挑発するために、能の高砂屋を舞い、第1次上田合戦時の信繁を彷彿させた(C)NHK

オリコントピックス