• ホーム
  • 芸能
  • “2時間ドラマの女王”片平なぎさ、ドロドロ愛憎劇に驚がく…松嶋尚美&若槻千夏とMC挑戦

“2時間ドラマの女王”片平なぎさ、ドロドロ愛憎劇に驚がく…松嶋尚美&若槻千夏とMC挑戦

 女優の片平なぎさが18日放送のフジテレビ系特別番組『本当にあった女の人生ドラマ』(後9:00)でタレントの松嶋尚美若槻千夏とともにMCを務めることがわかった。同番組は“人ドラ”(じんどら)の愛称で親しまれる同名レディースコミック誌(ぶんか社)を原作に、読者からの投稿をもとに描かれた女の愛、憎悪、嫉妬、欲望まみれの物語をオムニバスショートドラマで再現。3人はスタジオにてドラマの感想や自分たちの身の回りの愛憎劇について人生観などを絡めてトークを展開する。

【写真】その他の写真を見る


 さっそく、そのドロドロ愛憎劇を鑑賞した“2時間ドラマの女王”片平は「お気の毒」「ヒドいわ…」「怖い! どうします? こんな人いたら!?」「人間扱いされてない…」と驚がくしながらもすっかり夢中に。片平から「嫌いな女はいますか?」という質問された松嶋は「昔はいました。すぐに人のモノを欲しがる女性。物も人も。2回くらい男もとられましたから」と衝撃の過去を告白。

 若槻も負けじと「初めてお付き合いした人がすごいマザコンでした。そのときは16歳だったので結婚なんて何も意識してなかったのですが、一緒にご飯を食べに行くと、絶対にお母さんに電話して、晩ご飯がかぶらないようにメニューを相談するんです」とぶっちゃけるなどドラマの内容に負けない経験豊富な3人の“女の人生”トークもみどころとなる。

 また、主題歌は若手シンガーソングライターの岸洋祐が中島みゆきの名曲「ファイト!」をカバー。ドラマパートでは中山忍櫻井淳子佐藤江梨子新山千春三倉茉奈など女優陣が「性悪姑とマザコン夫」「守銭奴の親戚」「常識ゼロなアラフィフのパート」「セレブママ友」「ひがみの塊の正社員OL」などをテーマに熱演をみせる。



関連写真

  • 18日放送のフジテレビ系『本当にあった女の人生ドラマ』(後9:00)で司会を務める松嶋尚美、片平なぎさ、若槻千夏
  • 18日放送のフジテレビ系『本当にあった女の人生ドラマ』(後9:00)主題歌を担当する岸洋佑
  • 18日放送のフジテレビ系『本当にあった女の人生ドラマ』(後9:00)(C)フジテレビ

オリコントピックス