• ホーム
  • 芸能
  • 『ブレードランナー2049』邦題正式決定 新旧4ショット公開

『ブレードランナー2049』邦題正式決定 新旧4ショット公開

 SF映画の金字塔『ブレードランナー』(1982年)の続編の邦題が『ブレードランナー 2049』(原題:Blade Runner 2049)に正式決定した。数字の読み方は「ニー・ゼロ・ヨン・キュウ」。前作の時代設定は2019年だったので、新作ではその30年後が描かれるようだ。前作に主演し、新作にも引き続き出演するハリソン・フォード、前作を監督し、製作総指揮として新作にも関わるリドリー・スコット氏、新作の監督を務めるドゥニ・ヴィルヌーヴ氏、役柄は明かされていないが出演が決まっている俳優のライアン・ゴズリングの新旧入り交じった4ショットも公開された。

 『ブレードランナー』は、2019年のロサンゼルスが舞台。強じんな肉体と高い知能を併せ持ち、外見からは人間と見分けがつかないアンドロイド=「レプリカント」5体が、人間を殺して逃亡。警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ=「ブレードランナー」のリッ ク・デッカードは単独で追跡を始める。デッカードとレプリカントのアクションシーンや東洋と西洋の文化が入り混じりカオスと化した未来都市ロサンゼルスの描写は、後のSF映画に多大な影響を与えてきた。

 ヴィルヌーヴ監督は「僕は子どもの頃から、独特な異世界へ連れて行ってくれる個性的な映像スタイルのSF映画にひかれてきた。その中でも、オリジナル版『ブレードランナー』は、 断トツで史上最高の傑作だ。SFとフィルムノワールを融合させたリドリー・スコットは天才だ。新しい『ブレードランナー』は、1作目の延長線上にあり、数十年後の世界の話なんだ」と、前作へのリスペクトと愛を熱弁。

 前作に引き続きデッカードを演じるフォードから「すばらしいアドバイスを山ほどしてもらっているよ」と明かし、「やる気に満ちた最高のチームに失敗という選択肢はないんだ」と並々ならぬ意気込みを語っている。作品の詳細はまだまだベールに包まれているが、ヴィルヌーヴ監督のもと、『ブレードランナー』の世界をどのように再起動させるのか、期待は高まるばかりだ。日本公開は2017年11月を予定。



関連写真

  • 映画『ブレードランナー 2049』(2017年11月公開予定)
  • (左から)ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、前作を監督したリドリー・スコット氏、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング
  • コンセプトアートの左上には、爽健○茶、ポ○リ、○六茶など、日本のペットボトルらしきものが描かれている

オリコントピックス