• ホーム
  • 芸能
  • 市村正親、目標は90歳で『ミス・サイゴン』出演 続投に意欲

市村正親、目標は90歳で『ミス・サイゴン』出演 続投に意欲

 俳優の市村正親(67)が10日、『第二回 森光子の奨励賞』を受賞し、都内で行われた贈賞式に出席。同賞は2012年に亡くなった女優・森光子さん(享年92)の遺志を継ぎ、ひとすじの道を貫く人を分野問わず称えるもの。プレゼンターは森さんと親交が深かった黒柳徹子(83)が務め、市村と同時に元競泳選手の北島康介(34)も受賞した。

【写真】その他の写真を見る


 森さんが長年『放浪記』の舞台に立っていたこともあり、市村は「奨励賞をいただいたので90歳まで(舞台に)立たないと」といい、「なんとか足腰を鍛えながら奨励賞に負けないようにしたい。目標は、90歳で帝劇で『アメリカンドリーム』を歌うこと」と舞台『ミス・サイゴン』続投の意思を打ち明けた。

 市村は1992年の『ミス・サイゴン』初演以来、ただひとり一貫してエンジニア役として出演を続けてきたが、今年10月からの公演で卒業することを発表。しかし、この日黒柳から表彰たてを受け取ると「エンジニアは90までやろうと思っている。長くやるために(胃がん手術で)胃は半分になり、舞台の傾斜がフラットになったり周りが続けさせようとしている。腹筋背筋をやって、長くできるようにやる」と誓った。

 会場には妻で女優の篠原涼子(43)も来ており、「うれしい。心強い」と満面の笑み。食事面はすべて篠原に任せてあると明かし、「心強いです」と仲睦まじい様子をみせた。

 同時に受賞した北島は「今年4月に現役を引退した僕の第2の人生を応援してくれるという意味で、この賞がいただけたと思う」と感謝。今後の進む道については「指導者にはあまり興味ない。子どもたちに関わることは楽しい。いろんな道があると思う」と話した。



関連写真

  • 『ミス・サイゴン』続投に意欲をみせた市村正親 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第二回 森光子の奨励賞』を受賞した北島康介 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)北島康介、黒柳徹子、市村正親 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第二回 森光子の奨励賞』のプレゼンターとして登場した黒柳徹子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第二回 森光子の奨励賞』のプレゼンターとして登場した黒柳徹子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第二回 森光子の奨励賞』を受賞した市村正親 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第二回 森光子の奨励賞』を受賞した北島康介 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス