• ホーム
  • 芸能
  • 草刈正雄、文化庁を表敬訪問 宮田長官ため息「カッコいいよね〜」

草刈正雄、文化庁を表敬訪問 宮田長官ため息「カッコいいよね〜」

 俳優の草刈正雄が9日、東京・文化庁にて自身がナレーションを担当するBS-TBS新番組『日本遺産』(毎週日曜 前9:30※13日スタート)の放送に先がけ、宮田亮平長官を表敬訪問した。ガッチリと握手を交わし、宮田長官から「お近くで話せるなんて夢のよう」と感激されると草刈も「僕もここに入ったときからワクワクしてますよ」と笑顔をみせた。

【写真】その他の写真を見る


 「日本遺産」とは日本の文化・伝統を語る上で欠かせない地域の歴史的魅力や特色を同庁が認定したもの。有形・無形に関わらず様々な文化財・風習の認知を高め、国内外に発信していく。現在は37が認められており、2020年の東京オリンピックまでに100の制定を目標としている。

 番組のダイジェストを視聴した宮田長官は「イントネーション、間合いのとり方、あれは惹きつけますね〜」とナレーションを絶賛。草刈は「(番組に)携われてすごくうれしかった。お話があったときは二つ返事でお受けした。ゆくゆくは画にも出てほしいということなんで楽しみにしてる」と期待すると宮田長官も「声だけじゃもったいない! ぜひ登場してもらいたい」と熱望していた。

 対面早々、宮田長官がドラを鳴らして歓迎すると両手をあげてひれ伏すポーズでよろこんだり、自らも宮田長官の薦めでドラを響かせるなど茶目っ気たっぷりに振る舞った草刈。彼が部屋を去ったあと、宮田長官は思わず「カッコいいよね〜…ずるいよね〜」と報道陣にため息をもらしていた。



関連写真

  • 文化庁を表敬訪問した草刈正雄 (C)ORICON NewS inc.
  • 宮田亮平長官と握手した草刈正雄(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 文化庁を表敬訪問した草刈正雄 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス