• ホーム
  • 芸能
  • 『ドクター・ストレンジ』前日譚 『週刊少年マガジン』に掲載決定

『ドクター・ストレンジ』前日譚 『週刊少年マガジン』に掲載決定

 俳優のベネディクト・カンバーバッチが主演するマーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』(2017年1月27日公開)。映画公開を記念して、本作の前日譚となるオリジナルストーリー「ドクター・ストレンジ エピソード0」が、22日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)に掲載されることが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 主人公は、不慮の事故で両手の機能を奪われた天才外科医スティーブン・ストレンジ。天才であるがゆえの傲慢(ごうまん)さでキャリアのすべてを失った彼が最後の望みをかけてたどり着いたのは人智を超えた“魔術”の力だった。敵ですら傷つけられないという苦悩に葛藤するドクター・ストレンジは、新しいパワーを身に着けて外科医に戻るのか、それとも、最強の魔術師として世界を守るのか。

 現地時間4日に全米3882スクリーンで公開され、初登場1位を獲得。公開3日間で興行収入約8500万ドル(約88億4000万円)の好スタートを切った(※すべてBOX OFFICE MOJO調べ、1ドル=104円換算)。

 『週刊少年マガジン』では、ドクター・ストレンジが魔術を手に入れる少し前、天才外科医の彼が傲慢な態度で同僚たちを困らせながらも、その“神の手”で数々の患者を治療していく姿が描かれる。

 ペンをとったのは、『第70回ちばてつや賞』ヤング部門にて準優秀新人賞を受賞し、マーベルの大ファンだという春壱氏。ストレンジの活躍がスクリーンで観たいと思っていたという春壱氏は「それだけでも夢が1つ叶ったのに、漫画という形でこのMARVELの世界に関わることができるなんて、死ぬまでに叶えたい夢がもう1つ叶ってしまいました」と感激。

 「映画だけでも200%の面白さですが、さらに漫画の力で、少しでも皆さまの期待の限界を超えるお手伝いができればと思います。持てる限りのMARVEL愛で精一杯描かせていただきます」と意気込んでいる。アプリ「マンガボックス」では、30日より連載「ドクター・ストレンジ」が配信開始。



関連写真

  • マーベル最新作『ドクター・ストレンジ』 (C)2016MARVEL  Marvel-japan.jp/Dr-strange
  • 春壱氏が描いた『ドクター・ストレンジ』  漫画/春壱 (C)2016Marvel
  • マーベル最新作『ドクター・ストレンジ』 (C)2016MARVEL  Marvel-japan.jp/Dr-strange

オリコントピックス