• ホーム
  • 芸能
  • 『君の名は。』が1位返り咲き 『踊る大捜査線』抜き邦画歴代4位に

『君の名は。』が1位返り咲き 『踊る大捜査線』抜き邦画歴代4位に

 新海誠監督の長編アニメーション映画『君の名は。』が、5・6日の2日間で動員21万8000人、興収2億9700万円をあげ、全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)で1位を獲得。先週は『デスノート Light up the NEW world』が初登場首位を獲得し、『君の名は。』は惜しくも公開日からの10週連続1位を逃していたが、わずか1週で首位に返り咲いた。

 累計では興収179億6900万円を突破し、現在『もののけ姫』(1997年/最終興収193億円)に次ぐ歴代興収第7位に浮上。邦画では、『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年/173億5000万円)を抜いて歴代4位になった。

 12月上旬には、一般から受け付けた質問に新海監督自ら答える記事も掲載予定の劇場パンフレット第2弾の発売も決定。どこまで記録を伸ばしていくのか注目される。

 先週初登場1位を飾った『デスノート〜』は僅差で惜しくも2位。トム・ハンクスが主演する『インフェルノ』も先週末と変わらず3位と健闘している。

 そのほか、ジョージ朝倉氏の同名漫画を小松菜奈菅田将暉主演で映画化した『溺れるナイフ』が、土日2日間で動員8万4000人、興収1億500万円をあげて4位に初登場。織田裕二主演の『ボクの妻と結婚してください。』は6位に初登場した。



関連写真

  • 新海誠監督の『君の名は。』が首位に返り咲き(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • ブームを巻き起こしている新海誠監督の『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会

オリコントピックス