• ホーム
  • 芸能
  • 『逃げ恥』『重版出来!』…脚本家・野木亜紀子作品にハズレなし 原作モノ実写化で定評

『逃げ恥』『重版出来!』…脚本家・野木亜紀子作品にハズレなし 原作モノ実写化で定評

 放送中のTBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本を担当する野木亜紀子氏が7日、都内で行われた『東京ドラマアウォード』授賞式に登壇。4月期に同局で放送された『重版出来!』が作品の質の高さだけでなく“市場性”、“商業性”に長けた作品にスポットを当て“世界に見せたい日本のドラマ”として優秀なテレビドラマを表彰する同アワードにおいて脚本賞を受賞した。なにかと原作ファンからの批判や心配がつきものの漫画・小説の実写化において原作のエピソードを丁寧に抽出し、ドラマや映画ならではの世界観として表現することで定評を得ている。

 2010年に『第22回フジテレビ ヤングシナリオ大賞』で『さよならロビンソンクルーソー』が大賞に選ばれて以降、連ドラではフジ『主に泣いてます』(12年※1〜3、7、8話)、TBS『空飛ぶ広報室』(12年)、日本テレビ『掟上今日子の備忘録』(15年)、映画では『図書館戦争』シリーズ、『俺物語!!』(15年)、『アイアムアヒーロー』(16年)など数多くの漫画・小説の実写化を手がけてきた。

 『重版出来!!』は日本経済新聞の“仕事マンガランキング”で1位に選ばれた松田奈緒子氏による原作を女優・黒木華主演で実写化。新人女性漫画編集者・黒沢心を主人公に、漫画家はもちろん、漫画をとりまく人々の奮闘や葛藤を描いた作品で毎回“泣ける”と視聴者からの支持を得た。「第1話を書く時は(主人公は)黒木華さんで決定していたので、黒木さんの黒沢心がどう映えるか考えながらやっていました」と執筆時を述懐。

 授賞式では実写化の難しさについて「『逃げ恥』もそうですがいかにせりふのやりとりを出していくか。漫画の尺感というか漫画1話分のボリュームを連ドラの賞味1本45分×10本を映像としてどう捉えるか毎度頭を悩ませています。ひたすら考えるしかない」と知られざる苦労を告白した。

 現在3話連続で視聴率が右肩上がりしている『逃げ恥』は、原作の大きな魅力である主人公たちのもどかしい恋模様を主演の新垣結衣×星野源がより引き立つ形で成立させている。物語も中盤を迎えるが、野木氏がどのように手腕を発揮していくのかにも注目したい。



タグ

オリコントピックス