• ホーム
  • 芸能
  • 実写『美女と野獣』“ベル”エマ・ワトソンの場面写真が初解禁

実写『美女と野獣』“ベル”エマ・ワトソンの場面写真が初解禁

 ディズニーが手がける実写映画『美女と野獣』(2017年4月21日公開)の場面写真が8日、初解禁され、エマ・ワトソン演じる主人公ベルの姿がお披露目された。

 魅力あふれる数々のヒロインを誕生させてきたディズニー。近年では、歴史的大ヒットを記録した『アナと雪の女王』のエルサとアナ、『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルなど、“自らの意志で選択し、運命を切り開く”ヒロインが支持を得てきたが、その先駆けとなったのが、本作の主人公ベル。『白雪姫』や『シンデレラ』など、王子様を待っていたヒロインとは違う新しいヒロイン像で多くの女性たちの共感を誘った。

 今回解禁された場面写真では、ワトソン演じるベルが父親のモーリスを優しく見つめているシーンが描かれている。彼女たちの前にある机には様々な道具が並んでいるが、これらはモーリスが発明したもの。村で“変わり者”と揶揄(やゆ)される発明家の父を誇りに思い、周りの冷たい言葉から彼を守るベルの優しさと、親子の関係が伝わる場面だ。

 ベルの魅力は、王子様の登場を夢見る部分や華やかな美しさなど、古典的なプリンセスらしい要素を持ちながらも、“自分自身の価値観に従って生きる”という現代的な素質をも兼ね備えているところ。自身も父親と同様、周囲から変わり者とレッテルを貼られながらも自分が信じたものを貫き通し、野獣に対しても醜い外見ではなく相手の内面を見極めた上で愛す姿が描きだされる。

 『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で知られるワトソンは、自身も向上心が強く自立した女性として有名。「4歳の頃から『美女と野獣』が大好きだったの。ベルは、自分の考えをはっきりと話す活発な女の子で、私はすぐにベルと恋に落ちたわ。だから、ベルを演じることになったのは本当にすばらしいことよ」と語っている。

 監督は、アカデミー賞を始め、数々の映画賞に輝くミュージカル『ドリームガールズ』や『シカゴ』を手掛けたビル・コンドン氏が務め、音楽やミュージカルパートの演出がどのように実写化されるのか注目が集まる。



オリコントピックス