• ホーム
  • 芸能
  • 杉良太郎、昨年の心臓手術を回想 現在は「薬に生かされている」

杉良太郎、昨年の心臓手術を回想 現在は「薬に生かされている」

 俳優の杉良太郎(72)が7日、都内で行われた日本心臓財団プレスセミナーに出席。杉は心臓弁膜症のひとつで、心臓からの血流が悪くなる大動脈弁狭窄(きょうさく)症を患い、昨年12月に大動脈弁の置換手術を受けた。手術を決めたのは、同年8月に体調不良で倒れたことがきっかけで、この一年を「最悪でした。(8月の体調不良で)僕はそのとき死ぬと思った」と振り返った。

 昨年8月、杉は作品の撮影のため和歌山へと赴いたが、2日前から発熱の症状があり「昼からしゃべれなくなった」という。帰郷後に病院に行くと「心不全からくる肺炎。肺に水が溜まっている」と告げられた。当時、杉は「普通の痛み、具合の悪さではなかった。奈落の底に落ちたよう。もうダメだと思った」といい、医者からも「あした病院に来ていたら死んでいた」と言われるほどギリギリの状態だった。

 その際に大動脈弁の置換手術を決意。医者と相談し、12月に施術することを決定した。手術は3時間で終え、術後は病院内の階段をのぼるなどリハビリに励み、回復力の早さに周囲も驚いた。さらに「痛み止めを飲まなかった」と話し、「看護師さんにも『痛み止めを飲まなかったのは病院始まって以来だ』と言われた」と明かした。

 入院中は「『もう、一度死んだからお前も生まれ変われよ、人間変われよ、いいチャンスじゃないか』ということをずっと考えていた」と杉。現在は「手術前よりも、いい調子」だが、1日3回の薬は欠かせず「薬を飲まなくていい日が来るのかどうか。いまは薬で生かされている」。「大変なことになってから始めて『あの時に気をつければよかった』と思う。自分の命は1つしかないから日頃から少し食べるものを控えたり、歩いたりするのは必要だ」と訴えた。



オリコントピックス