• ホーム
  • 芸能
  • 葵わかな、代役なしで広島の伝統芸能・神楽に挑戦「魅力を伝えたい」

葵わかな、代役なしで広島の伝統芸能・神楽に挑戦「魅力を伝えたい」

 女優の葵わかな(18)が7日、都内で行われたNHKBSプレミアムの広島発地域ドラマ『舞え!KAGURA姫』(30日放送、後10:00)試写会に出席。広島北部に伝わる伝統芸能、神楽(かぐら)に代役なしで挑んだ葵は「舞うシーンがたくさんあって、筋肉痛になりながら頑張りました」と振り返り、「今回のドラマをするまで神楽を知らなかったので、私のように知らない方にお話を通して魅力を伝えたい」と目を輝かせた。

【写真】その他の写真を見る


 母の離婚をきっかけに広島に転校した高校生・咲子(葵)が神楽と出会い、神楽を愛する人々と関わることで家族や友人との関係、自分自身を見つめ直していくというストーリー。製作統括の大久保幸治氏によると「神楽は、広島ではカープに負けないくらい愛されている伝統芸能」で、オール広島ロケが行われた。

 劇中で迫力ある神楽を披露している葵は「アクロバティックで、見ていてもすごいし、舞うと普段使わない筋肉を使う。物語もあって、演じているという感じが楽しかった」と満足げ。

 同作で映像デビューを飾る歌舞伎俳優の中村梅丸は「広島の方々に温かく受け入れてもらえて、すごく幸せでした」と充実したロケを振り返り、咲子の同級生を演じた中村ゆりかも「地元の方々にも優しくしていただけて、撮影のなかでもエネルギーをいただけた」と語った。



関連写真

  • NHK広島発地域ドラマ『舞え!KAGURA姫』試写会後会見に出席した葵わかな (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)中村ゆりか、葵わかな、中村梅丸 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK広島発地域ドラマ『舞え!KAGURA姫』試写会後会見に出席した(左から)中村ゆりか、葵わかな、中村梅丸 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK広島発地域ドラマ『舞え!KAGURA姫』試写会後会見に出席した中村梅丸 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス