• ホーム
  • 芸能
  • 平祐奈、飛躍の一年を振り返る「一年で映画7本を撮影」

平祐奈、飛躍の一年を振り返る「一年で映画7本を撮影」

 女優の平祐奈(17)が5日、さいたま市の商業施設『コクーンシティ』のクリスマスイルミネーション点灯式に出席。「コクーンシティ2代目市長」を務め、この日は「クリスマスをイメージしました」という衣装で登場すると、観客からは「かわいい!」と絶賛する声が何度も飛んでいた。

【写真】その他の写真を見る


 姉・愛梨に負けずに活躍の場を広げている祐奈。今年は飛躍の年となり、多くの映画、テレビ番組に引っ張りだこで「年を明けてから映画の撮影をしていて、7本の映画を撮らせていただいた。いい風に変わっていった一年」と多忙さを振り返った。

 今月12日には18歳の誕生日を迎える。「いろんなことを極めていきたい」と抱負を語ると「悪いことをしちゃう役や、車や電車が大好きな役。時代劇も好きなので、さまざまな役に挑戦したいな。普段できないようなことを役を通してやってみたい」とさらなる飛躍を誓った。

 プライベートでは姉・愛梨が、サッカー日本代表・長友佑都選手と順調交際中。「イルミネーションのようにキラキラしてる。私もそんなにわからないけど、皆さんにいい報告ができたらいいねとは話してる」と羨望の眼差しを向け「(自分の恋人は)大人になったら。日本男児の着物の方がいいですね、日本が大好きなので一緒に神社に行けるような人がいい」と願望を膨らませていた。



関連写真

  • 『コクーンシティ』クリスマスイルミネーション点灯式に出席した平祐奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 『コクーンシティ』クリスマスイルミネーション点灯式に出席した平祐奈 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス