• ホーム
  • 芸能
  • クマのプー生誕90周年 公式続編が登場 児童文学作家が書き下ろし競演

クマのプー生誕90周年 公式続編が登場 児童文学作家が書き下ろし競演

 1926年10月14日、イギリスの児童文学作家・A.A.ミルンが『クマのプー』発表してから90年。「100エーカーの森」を舞台にした新作『クマのプー 世界一のクマのお話』がKADOKAWAから発売された。原作者の一族が正式に認めた公式続編で、プーを愛する4人の児童文学作家が新たに書き下ろした、プーと仲間たちの新しい物語。原作の挿画を描いたE.H.シェパードの画風を踏襲したカラーイラストも130点以上、収録されている。

【写真】その他の写真を見る


 世界同時発売された同書を日本語に訳し下ろしたのは、『カラフル』『DIVE!!』など、数々の児童書や小説を世に送り出してきた、作家の森絵都氏。クマのプーの訳を手がけるにあたり、「プーを心に抱いて生きるのは、自分の中に、かげりを知らないハチミツ色の日向を囲いつづけることだと思う」とコメントを寄せている。

 秋、冬、春、夏、季節がめぐる中で、川や雪を見て、大冒険をくり広げるクマのプー。いつも一生懸命だけれど、どこか間の抜けた勘違いをして落ち込むことも。しかし、どんな時も、最後にはかならずクリストファー・ロビンがやってきて、プーのことを抱きしめてくれる。「冬の章」には、新キャラクター「ペンギン」がシリーズ初登場。初めてペンギンに出会ったプーが、とった行動とは…!?

 マーク・バージェス氏による挿画もすばらしく、絵本としても、読み物としても、画集としても、手元にいつまでも置いておきたくなる一冊となっている。

■収録内容
秋の章(作者:ポール・ブライト) プーとコブタが、ドラゴンの襲来に備える
冬の章(作者:ブライアン・シブリー) 100エーカーの森に、ペンギンが現れる
春の章(作者:ジーン・ウィリス) 〈べつのロバ〉が、イーヨーのアザミを狙って…
夏の章(作者:ケイト・ソーンダズ) プーが、ナイル川のソースを夢見て、旅に出る



関連写真

  • 公式続編『クマのプー 世界一のクマのお話』(KADOKAWA)が発売
  • 『クマのプー 世界一のクマのお話』(KADOKAWA)。原作の画風を踏襲した描き下ろしカラーイラスト130点以上を収録
  • 公式続編『クマのプー 世界一のクマのお話』(KADOKAWA)より(左から)イーヨー、オウル、ティガー、カンガ、 ルー、ウサギ、コブタ、プー、クリストファー・ロビン。誰もが知っている100エーカーの森のなかまたち  (C)The Trustees of the Pooh Properties 2016
  • 公式続編『クマのプー 世界一のクマのお話』(KADOKAWA)よりイーヨーと プー  (C)The Trustees of the Pooh Properties 2016
  • 公式続編『クマのプー 世界一のクマのお話』(KADOKAWA)よりコブタ  (C)The Trustees of the Pooh Properties 2016
  • 公式続編『クマのプー 世界一のクマのお話』(KADOKAWA)よりラビット  (C)The Trustees of the Pooh Properties 2016
  • 公式続編『クマのプー 世界一のクマのお話』(KADOKAWA)より。冬の章では、くまのプーが シリーズ初登場の「ペンギン」と遭遇  (C)The Trustees of the Pooh Properties 2016

オリコントピックス