• ホーム
  • 芸能
  • 小栗旬、主演作試写会にサプライズ登場「ちょっと近くにいたので」

小栗旬、主演作試写会にサプライズ登場「ちょっと近くにいたので」

 俳優の小栗旬が10月31日、東京・よみうりホールで行われた主演映画『ミュージアム』(11月12日公開)の試写会にサプライズで登場。小栗本人の発案で会場の観客を驚かせると、満席状態の客席は大盛り上がりとなり、「キャー!」という悲鳴混じりの歓声が巻き起こった。

 同作に登場する“カエル男”のマスクをかぶって登場。「今日はハロウィンなのでカエル男です…」と落ち着かない様子であいさつしたあと、司会から促されてマスクを外して正体を明かし、「ちょっと近くにいたので(笑)」と照れくさそうに切り出した。

 小栗は「衣装もメイクもないまま私服なんですけど、こういう風に何も知らされないで、サプライズをやるってうれしいですよね!」と楽しそうな笑顔。実際に映画で使われていたカエル男のマスクを被り、「超息苦しかったです。(映画では)カエル男がアレを被って色んなことをしてますけど、さぞかし大変だったんじゃないかなと思いましたね」と話していた。

 その後、「せっかくの機会なので」と設けられた質問コーナーでは、映画の見どころを聞かれると、スタントを使わず自身で挑んだ「車にひかれるシーン」と回答。「現場で大友(啓史)監督に『ひかれてみようか!』と言われて『はい!』と言って4回くらいやりましたが、2回目くらいのときにもろに車にぶつかって、(同じシーンにいて)それを観ていたカエル男の中の人(妻夫木聡)に『あれはただの事故現場だったよ』と言われました」と笑いながら撮影秘話を語った。

 最後には、観客と記念撮影も行い「自信をもってみなさんにお送りできるような作品になりました」とメッセージを送った。

 同作は、巴亮介氏のサイコスリラー漫画を実写化。現場に謎めいたメモを残し雨の日にだけ残忍な猟奇殺人を繰り返すカエル男と、妻子をカエル男に狙われた刑事の攻防をスリリングに描き出す。



関連写真

  • 主演映画『ミュージアム』の試写会にサプライズ登場した小栗旬
  • カエル男が来たと思ったら…中身は小栗旬だった!

オリコントピックス