• ホーム
  • 芸能
  • 松坂桃李、初のダークヒーロー「未知数なぶん、ワクワク」 『不能犯』実写映画化

松坂桃李、初のダークヒーロー「未知数なぶん、ワクワク」 『不能犯』実写映画化

 俳優の松坂桃李主演で、人気漫画『不能犯』が実写映画化されることが30日、わかった。不気味な能力で人の心を操るダークヒーローを演じる松坂は「僕自身、ヒーローも悪役も演じたことはありますが、その両方の要素を持った宇相吹のようなダークヒーローは初めてなので、未知数なぶん、ワクワクしています」と、新境地の開拓に意気込んでいる。『貞子VS伽椰子』の白石晃士監督がメガホンをとり、2018年公開。

 原作は、宮月新氏が原作、神崎裕也氏が漫画を担当する『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画。松坂が演じるのは、赤く光る妖しい瞳とセクシーな魅力を持った宇相吹正(うそぶき・ただし)。生まれも経歴も不詳で、キメせりふは「愚かだね…人間は──」。ある特別な能力で人を死に追いやるが、誰も宇相吹の犯行を立証できない。

 本当の正義とは何かを突き付ける宇相吹を演じる松坂は、作品について「現代版『笑ゥせぇるすまん』のような世界観で、宇相吹という役は完全な悪者ということではなく、人の欲望や欲求を叶えたりはするけれど、そこに対して何かを問いかけていく。欲望を満たすことで、その人間にとって本当にそれでいいのかという救いも差し伸べていたりもします」と説明。

 「えぐい描写もありますが、原作の良さを残しつつ、よりスタイリッシュで、かつリアリティーを追求し、エンターテイメント性を打ち出した作品になっていると思います」と手応えをにじませ、「いい意味でもうひとつの『不能犯』としてお送りできたらと思っています」と話している。

 白石監督は、松坂について「それはもう大変な好青年です。しかし、ひとたび宇相吹を演じればその目つきや発語や仕草にゾッとし、何とも底知れない領域を持っている人なのだと感じさせます。きっと、松坂さんの演じる宇相吹に魅了され、ウットリする人々が続出することでしょう」とコメント。

 プロデューサーの中畠義之氏は、原作を初めて手にしたときから松坂をイメージしていたと明かし、「撮影中も漫画から飛び出てきたような松坂さんの宇相吹の姿、ぜひ皆さんに楽しんでいただきたいと思います」と呼びかけた。



オリコントピックス