• ホーム
  • 芸能
  • 【東京国際映画祭】青木崇高、音楽家・半野喜弘監督デビュー作に主演

【東京国際映画祭】青木崇高、音楽家・半野喜弘監督デビュー作に主演

 俳優の青木崇高が28日、六本木などで開催中の『第29回東京国際映画祭』で行われた映画『雨にゆれる女』(11月19日公開)舞台あいさつに出席。雨となったこの日の天気を「この作品にとっては間違いなくいい天候」だと話し、「心から観ていただきたい1本です」とあいさつした。

【写真】その他の写真を見る


 同作は『第29回東京国際映画祭』アジアの未来部門の日本代表作品。ジャ・ジャンクー監督の『四川のうた』などの音楽を手掛けてきた半野喜弘氏が初めて映画監督を務め、謎めいた男女の関係をサスペンスフルに描くドラマ。青木演じる仮名で生きる男が、大野いと扮する謎の女と互いの本性を明かさぬまま引かれ合う。

 青木は、役者の仕事を始める前、ヨーロッパ旅行中にパリで食事をしていた半野監督に「旅人なんですが混ぜてもらえませんか」と声をかけて知り合ったと振り返り、「そこから連絡をとらなかったけれど、3年くらい前に偶然レストランで会って、これは映画を撮ろうという流れになった」と話した。

 舞台あいさつには、大野、半野監督も登壇した。



関連写真

  • 映画『雨にゆれる女』舞台あいさつに出席した青木崇高 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『雨にゆれる女』舞台あいさつに出席した(左から)半野喜弘監督、青木崇高、大野いと (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『雨にゆれる女』舞台あいさつに出席した(左から)半野喜弘監督、青木崇高、大野いと (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『雨にゆれる女』舞台あいさつに出席した半野喜弘監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス