• ホーム
  • 芸能
  • 『ドクターX』西田敏行を手玉に取る? 愛人秘書役の田中道子「アドリブはチャンス」

『ドクターX』西田敏行を手玉に取る? 愛人秘書役の田中道子「アドリブはチャンス」

 てっぱんの面白さで高視聴率を獲得しているテレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(毎週木曜 後9:00)で、最大のヒールキャラ、東帝大学病院の病院長・蛭間重勝(西田敏行)の秘書兼愛人、白水里果を演じている田中道子(27)。撮影初日から西田のアドリブに翻ろうされ、「西田さんに無茶振りされている夢を見るんです(笑)。でも、夢トレ(ニーング)してでも、ついていきます」とやる気満々だ。

 スレンダーなプロポーションに、すらりと伸びた手足…。ミス・ワールド2013年日本代表を経て、同作主演の米倉涼子と同じオスカープロモーションに所属し、モデルとして活躍。今年3月23日に“女優宣言”して最初に演じる役が『ドクターX』の秘書役となった。

 西田からは「初顔合わせの時にとにかく楽しんでやりましょう、というお言葉をいただきました。緊張はしますが、肩の力を抜いて、楽しもうと思っています」。モデルから女優に転身して成功した“お手本”の米倉からは「初役で西田さんを手玉に取るなんてヤバイね」と声をかけられたという。

 夢に見るほどの西田のアドリブも、「そのおかげで、せりふも増えるし、テレビに映る時間も増える。自分にとってオイシイ、チャンスだと思っています。視聴者の方にも面白がってもらえるように頑張りたいです」と受け止めるしたたかさ、芯の強さも伺わせる。

 念願の女優デビューに「現場を経験するのが、一番勉強になりますね。次はこうしてみよう、といった新しいアイデアも浮かんできますし、演じる楽しさも実感しています。まだまだ確たる自信もなく、手探りでもがいているところですが、このドラマが終わった頃に、何か道すじが見えてくるのではないかと、期待もしています」と希望に燃えている。

 きょう27日放送の第3話には、外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎)の元愛人、須山三佐江(松下由樹)が登場。20年前、西園寺に胃潰瘍のオペをしてもらい、その後しばらく不倫関係にあったという。あるきっかけから東帝大学病院で人間ドックを受けたところ、西園寺が医療ミスを犯していたことが発覚する。



関連写真

  • ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』で西田敏行のアドリブにくらいつく田中道子(C)テレビ朝日
  • 蛭間を手玉に取る魔性の女をどう演じていくのか(C)テレビ朝日
  • ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3話より。外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎)の医療ミスが発覚!? 戦慄の表情を浮かべる大門未知子(米倉涼子)(C)テレビ朝日

オリコントピックス