• ホーム
  • 音楽
  • miwa×坂口健太郎『君100』劇中歌は「アイオクリ」 androp内澤が作曲&命名

miwa×坂口健太郎『君100』劇中歌は「アイオクリ」 androp内澤が作曲&命名

 シンガー・ソングライターのmiwaが、俳優・坂口健太郎とW主演する恋愛映画『君と100回目の恋』(来年2月4日公開)の劇中歌「アイオクリ」の詳細を発表し、miwaが作詞、ロックバンドandropのボーカル・内澤崇仁が作曲したことが明らかになった。miwaが作曲提供を受けるのは、デビュー以来初となる。

 映画はmiwa演じる大学生の葵海(あおい)を事故から救うため、坂口演じる幼なじみの陸(りく)がすべてをかけて何度もタイムリープする物語。劇中で2人が仲間と組むバンド“The STROBOSCORP(ストロボスコープ)”の演奏も見どころで、miwaはボーカル、坂口はギター、竜星涼はベース、泉澤祐希はドラムを担当する。

 劇中歌「アイオクリ」は、陸が作った楽曲に葵海が歌詞をつけて完成させ、映画のクライマックスでバンドが演奏する大事な楽曲。制作陣は、主人公2人が完成させた楽曲にリアリティーを持たせるため、miwaと別のアーティストが一緒に制作することを提案。映画の世界観に合うアーティストを検討し、監督、プロデューサー、音楽プロデューサー全員からandropの名前が上がり、満場一致でオファーすることが決まった。

 葵海として作詞したmiwaは、歌詞の中に主人公の“あおい”“りく”の名前を潜ませ、タイトルは歌詞を読んだ内澤が、2人の名前のアナグラム(文字の入れ替えで別の意味にすること)を思いつき、「葵海と陸が愛を贈りあう的な意味合いの“愛贈り”」、「愛で時間を巻き戻すじゃなく進める意味合いの“愛送り”」の意味を込めた「アイオクリ」と題した。

 内澤は「miwaさんやスタッフの皆さんと何度もやりとりをする中で、作品に込められた伝えたい感情を少しずつ音で紡いでいきました」とコメント。miwaは「映画のシーンとリンクしたすてきな曲に仕上がりました。葵海ならこういうことしそう! と思って歌詞のなかにそっとふたりの名前を忍ばせて入れたのですが、それに気づいてくださった内澤さんが、2人の名前を入れ替えた『アイオクリ』という運命的なタイトルをつけてくださいました」と大喜びしている。



関連写真

  • 映画『君と100回目の恋』の劇中歌はmiwaとandrop内澤崇仁が共作 (C)2017「君と100回目の恋」製作委員会
  • 映画『君と100回目の恋』のポスタービジュアル (C)2017「君と100回目の恋」製作委員会
  • 映画『君と100回目の恋』のヒロインを演じるmiwa

オリコントピックス