• ホーム
  • 芸能
  • 持田香織、NBA開幕戦に大興奮「最近見てない人は、今のNBAの面白さに驚くはず!」

持田香織、NBA開幕戦に大興奮「最近見てない人は、今のNBAの面白さに驚くはず!」

 人気デュオ・Every Little Thing持田香織が26日、WOWOWのウェブ番組「WOWOWぷらすと」で放送された「NBA井戸端会議」に生出演。この日に開幕し、同局で生中継された米バスケットボールリーグNBAのオープニングゲーム「サンアントニオ・スパーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ」の一戦を熱く見守った。激しい展開の試合を見終え、興奮冷めやらない持田にNBAの魅力について聞いてみた。

 NBAを見るようになった理由は「20年前くらいのマイケル・ジョーダン選手がいたブルズが強かったころは、日本でも人気があったし、私もよく見ていました。それからしばらく見ない時期があったのですが、(昨年に結婚した)旦那さんの影響で2年くらい前からまた見るようになって、一気にハマりました」。昨シーズンはWOWOWで放送されたNBAの試合は、ほぼすべて見たというほどのファンになっている。

 好きな選手を挙げてもらうと「スパーズのティム・ダンカン選手。基本に忠実でチームに大きな安定感を与えてくれる大黒柱。私が見始めた頃はもうピークを過ぎていたので、全盛期の映像をさかのぼって見たりしていました」。しかし、ダンカン選手は昨シーズン限りで引退。精神的支柱を失ったスパーズだったが「他のチームから選手を補強したり若い選手が奮起して、開幕戦を見るとまた新しく魅力的なチームになっていましたね」と分析する。

 スパーズの他にも、昨シーズン悲願の初優勝を遂げたクリーブランド・キャバリアーズや、過去4度の得点王に輝いたケビン・デュラントを補強した2年前王者のウォリアーズなど、注目チームは多い。今シーズンの優勝予想を尋ねると「難しいですが、西地区からはスパーズ、東地区からはキャバリアーズが勝ち上がってファイナルを戦ってほしいですね」。

 日本でもプロバスケのBリーグが始まり、バスケへの注目が集まっている。この機会に「久しぶりにバスケを見てみようかな」と思っている人に向けて、「最近は見ていないかった人が今のNBAを見たら『こんなに面白くなってるのか!』と驚くはず。昔はゴール下に運んでダンク、というのがオフェンスの常識だったけど、今は3ポイントが飛び交ったり選手のプレースタイルが個性的になり、バスケの概念が変わっている時期なので、興奮すること間違いなしです!」と呼びかけている。

 持田は同局の試合中継についても「WOWOWは解説の方が丁寧で、選手やチームのいろんなトリビア情報も教えてくれるし、見るだけでどんどん詳しくなれます!」と太鼓判を押した。同局では今シーズンのNBAを毎週5試合生中継する。



関連写真

  • “NBA愛”を語ったEvery Little Thing・持田香織 (C)ORICON NewS inc.
  • “NBA愛”を語ったEvery Little Thing・持田香織 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス