• ホーム
  • 芸能
  • すい炎のソナポケko-daiが退院「自宅療養し体力回復に努める」

すい炎のソナポケko-daiが退院「自宅療養し体力回復に努める」

 総胆管結石による急性重症すい炎のため入院していた3人組ユニット・ソナーポケットのko-daiが退院した。25日、ユニット公式サイトで報告し、今後は「自宅療養し体力回復に努めさせていただきます」としている。

 サイトでは「メンバー・ko-daiの緊急入院・緊急手術でファンの皆様ならびに関係各所の皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けいたしております事をお詫び申し上げます」と改めて謝罪し「10月7日より入院しておりましたko-daiが、この度、無事退院いたしました」と報告。

 「皆様からたくさんのお気遣いのお言葉を頂戴いたしました事、心より御礼申し上げます」と感謝し、今後「自宅療養し体力回復に努めさせていただきます」と記している。

 なお、11月6日に出演を予定している『abn SUPER LIVE 2016』(ホクト文化ホール・長野県県民文化会館)以降のイベントは「現在の体力の回復状況等を見ながら、出演させていただく方向で考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます」と呼びかけている。

 ko-daiは今月7日に体調不良を訴え緊急入院。即日、緊急手術を行い、術後もさままざな検査を行ったところ『総胆管結石による急性重症膵炎』の診断を受け、10月中に予定していた『SSC感謝祭 Vol.2』の開催、ならびにイベント出演などが中止となっていた。



オリコントピックス