• ホーム
  • 芸能
  • 竹中直人、実写版『野武士のグルメ』に主演「意表をついた楽しい作品」

竹中直人、実写版『野武士のグルメ』に主演「意表をついた楽しい作品」

 俳優の竹中直人が来年3月17日よりNetflixにて独占配信されるオリジナルドラマ『野武士のグルメ』に主演することがわかった。『孤独のグルメ』で知られる原作・久住昌之氏と、土山しげる氏・作画による『漫画版 野武士のグルメ』の実写化で、定年を迎えたサラリーマンが虚飾を排した素朴で粗野な“野武士”のように、自分が好きなものを、好きな時に、好きなように食することを決意して、さまざまな店で食を楽しんでいく姿を描く。

【写真】その他の写真を見る


 定年退職して、時間とお金を自由に使える様になったサラリーマン香住武(かすみ・たけし)を竹中が演じるほか、香住の理想の分身として、その心の中に登場する荒々しい野武士には玉山鉄二、香住をつかず離れず見つめる妻・静子には鈴木保奈美らが起用された。

 8月から11月上旬まで本編の撮影が敢行され、9月には、総勢40人のアメリカ人スタッフが来日して大掛かりなキービジュアルを制作。日本のグルメや侍といったモチーフをもとに、海外からの視点で描かれ逆輸入的雰囲気のビジュアルが公開された。

 原作の久住氏は「面白いドラマなんですが、あまり説明している訳ではないので、観てツッコんでいただきたい。この食い方おかしいよとか、画面に向かって言いながら。なんか一杯、飲みながら観て頂けると面白いんじゃないかと思います」とアピール。

 かねてから久住作品の大ファンだったという竹中は「久住さんの作品の映画の企画もいくつか出していたこともあったので、やっとご一緒できるという思いが強いです」と念願かなって大満足。「今回、演じる香住は、定年退職したサラリーマンですが、何もすることがないおじさんの役って、初めてじゃないかな。その分身として、現代に野武士が現れるってだけで、もう笑っちゃいますよ。意表をついた楽しい作品になっていると思います」と自信を込めている。



関連写真

  • Netflixオリジナルドラマ・竹中直人主演『野武士のグルメ』は3月17日スタート
  • Netflixオリジナルドラマ・竹中直人主演『野武士のグルメ』にが玉山鉄二も出演

オリコントピックス