• ホーム
  • 芸能
  • アニメ映画『聲の形』興収19億円突破 ヒットに『君の名は。』あり

アニメ映画『聲の形』興収19億円突破 ヒットに『君の名は。』あり

 アニメ映画『君の名は。』(新海誠監督)が164億円を突破する大ヒットを記録している中、大今良時氏の漫画をアニメ化した映画『聲(こえ)の形』(山田尚子監督)も、公開6週目に突入した10月22・23日の週末でさらに動員を伸ばし、予想を大きく上回る興行収入19億円を突破した。23日時点での成績は、累計観客動員数146万4305人、興収19億1345万1500円。

 『君の名は。』がお化けヒットしていることもあって見劣りするかもしれないが、公開館数120館でスタートした劇場用のアニメーション映画が20億円に迫る興収を上げているのだから、大成功だ。ヒットの背景には、『君の名は。』の影もチラつく。

 8月26日に公開されるなり爆発的なヒットとなった『君の名は。』。上映前に、『聲の形』の劇場予告を観たという人も多かったのではないだろうか? 映画宣伝において、TVスポットと並ぶ効果があるといわれている劇場予告を、より多くの観客に観てもらうことができたのは大きかった。しかも、同じように高校生が主人公の青春映画ということで、『君の名は。』の客層にも合っていた。

 さらに、新海監督を試写会に招いたことも功を奏した。新海監督自ら感想をツイートし、「すてきな作品でした。どこまでも真摯(しんし)で丁寧な組み立てで、絵も色彩もエモーションに美しく奉仕していて。上品で端正な演出は、真似したくてもとても真似られそうもなく」(抜粋)と絶賛。しかもこのツイートが拡散され、1万以上の「いいね」がついて公開を迎えたのだった。

 『君の名は。』の人気に“便乗”したといっても、20億円ちかくまで興収を伸ばすには、“内容的な評価”も不可欠だ。

 同作は、主人公の少年が、転入してきた聴覚障がい者である少女に好奇心を持つことから始まる物語。あるきっかけから自分自身がクラスから孤立してしまった主人公は、5年の時を経て、少女との再会をきっかけに過去の過ちへの償いを試み、少女をはじめ当時のクラスメートとも向き合い、理解し認め合っていく。

 原作は、『このマンガがすごい!2015』オトコ編第1位、第19回『手塚治虫文化賞』新生賞受賞するなど、簡単には拭い去れない過去、罪悪感と葛藤しながら、他人との距離をつかめず苦悶し続ける若者たちを正面から描いた意欲作として高い評価を受けた。

 監督はテレビアニメ『けいおん!』(2009年)で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞した京都アニメーション所属の山田氏。制作も京都アニメーションが手掛け、クオリティーも申し分ない出来栄えとなっている。

 20億円の壁を目前にして、第3週目に実施した入場者プレゼント「35mmフィルム」の再配布が決定。11月5日より数量限定で劇場への来場者にプレゼントされる。大台を突破することはできるだろうか。



関連写真

  • 話題のアニメ映画『聲の形』(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
  • アニメ映画『聲の形』が19億円突破の大ヒット。11月5日より、入場者プレゼントとして35ミリフィルムの再配布が決定(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

オリコントピックス