• ホーム
  • 芸能
  • 新垣結衣主演『逃げ恥』第3話は12.5% 初回から右肩上がりの快進撃

新垣結衣主演『逃げ恥』第3話は12.5% 初回から右肩上がりの快進撃

 女優の新垣結衣が主演するTBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜 後10:00)の第3話が25日放送され、平均視聴率が12.5%だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第1話は10.2%、同局火曜10時の放送枠史上、歴代最高視聴率となった第2話は12.1%と右肩上がりの快進撃が続いている。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、月刊『Kiss』(講談社)で連載中の海野つなみ氏による漫画が原作。職なし、彼氏なしの主人公・森山みくり(新垣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)とひょんなことから、周囲に秘密で夫=雇用主、妻=従業員という恋愛感情を持たない“仕事としての結婚”つまり契約結婚をすることとなるラブコメディー。ほかには大谷亮平、古田新太、石田ゆり子らが出演している。

 エンディングで星野が歌唱する主題歌「恋」にあわせて新垣らがキュートに踊る通称“恋ダンス”や、作中に登場する料理を紹介する『クックパッド』とのコラボ、劇中では『情熱大陸』や『NEWS23』のパロディなど遊び心を取り入れた演出も話題に。放送終盤の午後10時49分には最高瞬間視聴率14.0%をマークした。

 第3話では“プロの独身”のポリシーが保てなくなることを恐れた津崎が、異性であるみくりとの距離をおくため、急に心を閉ざし始める。ついに2LDKの部屋に引っ越そうとまで言い出し、態度が急変した津崎の心理がわからず頭を抱えるみくり。食卓での会話も徐々にぎこちなくなっていき、家では緊張感が漂いはじめる。津崎宅を訪れた津崎の同僚・沼田(古田)は、寝室にシングルベットがひとつしかないことから、みくりたちの夫婦生活に疑いの目を向けはじめ、後輩の風見(大谷)も沼田の推理には納得し…というあらすじ。



関連写真

  • TBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第3話劇中カット (左から)大谷亮介、新垣結衣 (C)TBS
  • TBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に主演する新垣結衣  (C)TBS
  • TBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に主演する新垣結衣と星野源  (C)TBS
  • TBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に主演する新垣結衣  (C)TBS
  • TBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に主演する新垣結衣  (C)TBS

オリコントピックス