• ホーム
  • 芸能
  • TBS宇垣美里アナ“キャピキャピ”新人アナ役を熱演「あざとすぎていないか…」

TBS宇垣美里アナ“キャピキャピ”新人アナ役を熱演「あざとすぎていないか…」

 TBSの宇垣美里アナウンサーが11月2日に放送される“テッペン!水ドラ!!”枠連続ドラマ『コック警部の晩餐会』(毎週水曜 深0:10)第3話にゲスト出演することがわかった。宇垣アナの連ドラ出演は2015年1月の『まっしろ』以来、2度目で同じくゲスト出演を果たす物まねタレント・キンタロー。演じるグルメリポーター・小田マリとともに食レポするアナウンサー役を演じる。

 同ドラマは連ドラ初主演となる柄本佑が料理の腕前がプロ級の“コック警部”こと古久星三を演じ、容疑者たちを晩餐会に招いて犯人をあぶりだしていくミステリーコメディー。コック警部の相棒で新人刑事の七瀬あずみを小島瑠璃子、コック警部を目の敵にする先輩刑事・猫田典雄をえなりかずきが演じている。

 撮影を終えた宇垣アナは「他の出演者の皆さんとやりとりのある役は初挑戦でしたので、ドキドキしましたが、いつもの仕事とが雰囲気が違って、新鮮で楽しかったです」と満足した様子。「アナウンサー役ということでしたが、『どうせならやりきろう!』ということでキャピキャピ元気な明るい新人アナウンサーになりきりました。あざとすぎていないか、ちょっぴり心配です」と不安げな宇垣アナだが「キンタロー。さん演じる小田マリさんとの息のあった掛け合いをお楽しみください!」と見どころをアピールしている。




オリコントピックス