• ホーム
  • 芸能
  • 中村吉右衛門『鬼平犯科帳』完結に感慨 時代劇は「なくならない」

中村吉右衛門『鬼平犯科帳』完結に感慨 時代劇は「なくならない」

 俳優・中村吉右衛門(72)が25日、フジテレビ系時代劇『鬼平犯科帳 THE FINAL』(12月2日・3日 後9:00)記者会見に登壇した。1989年7月から連続ドラマ・単発ドラマ合わせて全149作続いた人気時代劇がついに完結を迎えたが、主人公・長谷川平蔵を28年間にわたって演じてきた中村は「時代劇というものはなくならないんじゃないかと僕は思う」と考えを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 時代劇が減少する現状に意見を求められた中村は「制作なりテレビ局の方が考えていただくこと」と苦笑しながらも「時代劇そのものはつまらないものではなく夢をふくらませ、現代には考えられない男女・主従の仲を描くことができる」とその魅力を解説。一方で「問題は撮るのが大変。ロケーションや場所が限られている」と提起しながら「形は変わっても続くんじゃないかな」と持論を展開した。

 池波正太郎氏の小説を原作に、江戸時代後期に盗賊・凶賊たちから“鬼の平蔵”として恐れられた火付盗賊改方長官の長谷川平蔵の活躍を描く同作。中村の実父・松本白鸚が鬼平のモデルとなっている。今回のファイナルでは前編『五年目の客』、後編『雲竜剣』として二夜連続で放送される。

 40歳の頃に一度、鬼平のオファーを断っていたという中村は「まだ40歳のときは若造で、鬼平の池波宣誓や実父のような大人のイメージが強く、とても僕にはできないと…」と固辞。45歳で再び池波氏から直々に依頼を受け「鬼平さんは実録でも45歳で役職についたという記録があって、これを頼りにやってみたらどうかなとお引き受けしました」と裏話も告白した。

 普段は歌舞伎俳優として活躍し、舞台のない8月や2月に、猛暑と極寒の京都で撮影に臨んでいた中村は「雪の上で待っていてお腹が痛くなったり、クーラーが壊れちゃったり大変な思いをした」と過酷ぶりを回顧しながら「(スタッフが)家族的な感覚で撮ってくださってくれた。すばらしい人たちに囲まれたこの28年間感謝のほかありません」としみじみと語っていた。



関連写真

  • 主人公・長谷川平蔵を28年間にわたって演じてきた中村吉右衛門 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系時代劇『鬼平犯科帳 THE FINAL』記者会見に登壇した中村吉右衛門 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系時代劇『鬼平犯科帳 THE FINAL』記者会見に登壇した中村吉右衛門 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス