• ホーム
  • 芸能
  • 松坂桃李、『デスノート』続編に新たな死神役で声優出演「先入観を抱かず楽しんで」

松坂桃李、『デスノート』続編に新たな死神役で声優出演「先入観を抱かず楽しんで」

 俳優の松坂桃李が、前作『デスノート』の10年後を描くオリジナル続編『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)で、新たな死神・ベポの声優として出演していることが25日、わかった。ベポは身長189cmの金色の体に6本の指を持つ巨大な死神。原作ファンという松坂は「お話をいただいたときは嬉しかったです。束の間ながら、あの世界に入れたのはワクワクもしました」とコメントしている。

 キラこと夜神月とLの対決から10年後を舞台に、6冊のデスノートを巡って大混乱に陥る世界を描く今作。松坂が声を演じるベポは、Lの遺伝子を受け継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)が入手した1冊のデスノートの元持ち主で、人間界に6冊のノートがもたらされていることを明らかにする。今作のメガホンをとる佐藤信介監督と松坂は、『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』(2014年)、『図書館戦争 THE LAST MISSION』(2015年公開)に続いての大作タッグとなる。

 初の死神役の臨んだ松坂は「僕の声だと気づかない方もいらっしゃると思います。あまり先入観を抱かずに楽しんでいただけたら本望です」。フルCGで描かれる新たな死神の声を怪演している。そのほかの死神役の声優は、リューク役を中村獅童が前作から続投し、ベポと同じく今作から登場するアーマ役は沢城みゆきが務めている。

 また、今作では、Lの声で松山ケンイチが出演するほか、キラ役の藤原竜也とミサミサ役の戸田恵梨香は新撮で登場。前作の伝説のキャストたちも揃い踏みする。



関連写真

  • 身長189cmの金色の体に6本の指を持つ巨大な死神・ベポ。松坂桃李が死神の声に初挑戦。(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • ベポと竜崎(池松壮亮)(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

オリコントピックス