• ホーム
  • 芸能
  • 棚橋弘至、念願の“仮面ライダー映画”に出演「全力で頑張りました」

棚橋弘至、念願の“仮面ライダー映画”に出演「全力で頑張りました」

 新日本プロレス所属のプロレスラー・棚橋弘至が、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼ イド&ゴースト with レジェンドライダー』(12月10日公開)にゲスト出演することがわかった。棚橋は「孫ができたら自慢します。で仮面ライダー、愛してま〜す!」と大興奮だ。

【写真】その他の写真を見る


 新しい仮面ライダーとかつて活躍した仮面ライダー、2人の仮面ライダーの共闘する「MOVIE 大戦シリーズ」から、5人の仮面ライダーによるドリームチームで人類の危機に立ち向かう「仮面ライダー平成ジェネレーション』に進化。今作では、正体不明のゲームウイルス生命体“パックマン”襲来によって、人類は未曾有の危機に陥ってしまう。

 棚橋が演じるのは、人類を脅かす最恐の敵 Dr.パックマンの仲間である来瀬荘司(くるせ・そうじ/ロボルバグスター)。「ネクストゲノム研究所」で革新的なゲノムプロジェクトを進めていたメンバーのひとりだったが、6年前から行方不明になっていた。屈強な肉体を誇り、怪力を活かした格闘術で敵を圧倒する。

 新日本プロレスにおいてチャンピオンベルト通算最多防衛記録、連続防衛記録、最多戴冠記録保持者であり、人気実力ともにトップクラスのレスラーでありながら、テレビ朝日の人気バラエティー『アメトーーク!!』の仮面ライダー芸人の回にも出演するほど、仮面ライダーファンとしても知られる。

 試合のリング場での決めせりふ、「さぁ、お前の罪を数えろ!」は『仮面ライダーW』、「○○に キター!!」は『仮面ライダーフォーゼ』から拝借。右手の親指と人差し指を突き出す “逸材ポーズ”も元ネタは『仮面ライダーカブト』であることを公言している。自身のインスタグラムで歴代ライダ ーの変身ポーズをアップするなど、その熱狂ぶりは本物。

 今回の出演に関して「ずっと好きだった仮面ライダーの世界、夢のような空間が目の前に広がっていました」と感無量な様子。ロボルバグスターの変身ポーズについても「力があって強いキャラクターから連想して何かを握りつぶすポーズにしました。こういう感じのやつはプロレスでもあまりやりませんから。とにかく全力で頑張りました」と語っている。



関連写真

  • 映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼ イド&ゴースト with レジェンドライダー』(12月10日公開)にゲスト出演する棚橋弘至
  • 映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼ イド&ゴースト with レジェンドライダー』(12月10日公開)
  • 映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼ イド&ゴースト with レジェンドライダー』(12月10日公開)
  • 映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼ イド&ゴースト with レジェンドライダー』(12月10日公開)
  • 自身のInstagramに歴代ライダーの変身ポーズ(仮面ライダーW)
  • 自身のInstagramに歴代ライダーの変身ポーズ(仮面ライダーウィザード)
  • 自身のInstagramに歴代ライダーの変身ポーズ(仮面ライダークウガ)
  • 自身のInstagramに歴代ライダーの変身ポーズ(仮面ライダーゴースト)
  • 自身のInstagramに歴代ライダーの変身ポーズ(仮面ライダーエグゼイド)

オリコントピックス