• ホーム
  • 芸能
  • スコセッシ監督作『沈黙-サイレンス-』 窪塚洋介&浅野忠信の劇中写真公開

スコセッシ監督作『沈黙-サイレンス-』 窪塚洋介&浅野忠信の劇中写真公開

 遠藤周作さんの小説をマーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙-サイレンス-』(2017年1月21日公開)に出演する窪塚洋介浅野忠信を映した場面写真が25日、解禁された。窪塚は若き司祭たちを長崎へ導くキチジロー、浅野は司祭に棄教を迫る通辞(通訳)と、それぞれ重要なキャラクターを演じている。

 同作は、『タクシードライバー』『ディパーテッド』で知られるスコセッシ監督が、1988年に原作と出会ってから28年、読んだ瞬間に映画化を希望し、長年にわたり温め続けてきた企画。17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いたポルトガル司祭の目に映った想像を絶する日本を舞台に、人間にとって本当に大切なものとは何かを描く。

 棄教したとされる師の真実を確かめ、布教するために日本を目指す若き司祭ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライバー)は、長い旅の中継地であるマカオで日本人キチジロー(窪塚)と出会う。

 2人の司祭を長崎へと導くガイドとなるキチジローは、その後のロドリゴの軌跡に重なって登場し、信念に生きようとする司祭と対比をなす重要なキャラクター。人間の弱さを抱えるキチジローを演じた窪塚に対して、スコセッシ監督は「力強く演じているだけではなく、心から正直に演じていて、役を心底理解していた。目の前でキチジローが作り上げられていくのを目の当たりにした」と信頼を寄せている。

 浅野は、長崎奉行にとらえられたロドリゴに棄教を迫る通訳として、流ちょうな英語を披露。背筋を伸ばして鎮座し、凛とした佇まいで誰かを見つめる姿が印象的なカットが公開された。



関連写真

  • マーティン・スコセッシ監督作『沈黙-サイレンス-』に出演する窪塚洋介(Photo Credit Kerry Brown)
  • 浅野忠信は通辞役で出演(Photo Credit Kerry Brown)

オリコントピックス