• ホーム
  • 芸能
  • 真田信繁自筆の書状原本見つかる 大河『真田丸』時代考証担当が確認

真田信繁自筆の書状原本見つかる 大河『真田丸』時代考証担当が確認

 戦国時代後期の武将・真田信繁(幸村として知られる)の自筆書状原本が発見されたことが24日わかった。

 書状は関ヶ原の合戦後に流された九度山(くどやま)から、兄・信之(信濃上田藩、のち松代藩主)に仕える義兄の小山田茂誠(しげまさ)に宛てた長文のもの。東京大学史料編纂所が明治37年に作成した影写本(えいしゃぼん)という形式の「写」(原本ではなく、筆写したもの)が知られていたが、原本はながらく所在不明になっていた。内容は、長い配流生活で便りをくれる人が減り、義兄からの手紙を喜ぶとともに、自らが老いたことを嘆いている。

 今月に入り、NHK大河ドラマ『真田丸』の時代考証を担当している丸島和洋氏(国文学研究資料館特定研究員・慶應義塾大学非常勤講師)の著書『真田信繁の書状を読む』(9月22日発売 星海社新書)掲載の写を見た三重県の個人収集家が、古書店で原本と考えられるものを発見し、掲載されている写と見比べた上で購入。その後、丸島氏が鑑定を行った結果、自筆原本であることが確認されたという。

 鑑定にあたった丸島氏は「信繁が出した文書のうち、九度山配流後、特に父昌幸死後の書状は自筆であると思われ、本書状も影写本で自筆と判断していた。しかし筆の勢いや強弱までは再現できていなかったため、断定には至らなかったが、原本確認により、自筆との確証を強めた」と発表。

 また「紙の汚れ具合や折り跡から、本来は『折紙(おりがみ)』という紙を二つ折りにする様式で文字を書き記していたが、折り目で切って二枚に分けたことが確定できた。折紙は、信長・秀吉の時代から書状にも多用されるようになる。信繁もそれにならったことが明らかとなる」と新たな発見について説明している。



オリコントピックス