• ホーム
  • 芸能
  • 浦沢直樹氏、9年ぶり『スピリッツ』帰還 新作読み切り掲載

浦沢直樹氏、9年ぶり『スピリッツ』帰還 新作読み切り掲載

 人気漫漫画家・浦沢直樹氏の新作読み切りが、今月31日に発売される『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)49号に掲載されることが24日、わかった。きょう発売の同誌48号で告知された。浦沢氏が同誌で作品を掲載するのは、大ヒットとなった『20世紀少年』および『21世紀少年』以来、9年ぶり。

 浦沢氏は同誌で『YAWARA!』『Happy!』『20世紀少年』など話題作を連載。今年8月には『モーニング』(講談社)で『BILLY BAT』(ストーリー共同制作:長崎尚志)の連載を終えたばかり。最終話を執筆する様子はNHK・Eテレ『浦沢直樹の漫勉』で放送された。

 新作読み切りは「このおかっぱ頭でギョロ目の主人公が出てくる」以外、詳細は明かされていない。また、31日発売の同誌には「緊急告知もあり」と予告されている。



関連写真

  • 『スピリッツ』49号に掲載される浦沢直樹氏の読み切りの告知イラスト (C)浦沢直樹・スタジオナッツ/小学館
  • 10月24日発売の『スピリッツ』48号の表紙

オリコントピックス